日本版3号について

home.pnghome.pngnews.pngnews.pngabout.pngabout.pngcontents.pngcontents.pngevents.pngevents.pngfacebook.pngfacebook.pngonline.pngonline.pngcarshop.pngcarshop.pngimpression.pngimpression.pngaboutus.pngaboutus.png

FEATURES 2013.6.26

スピードに命を賭けて

A Matter Of Life And Death

1930年代、世界で最も魅力的なコンセプトはスピードであった。ただ、スピード記録への挑戦は大きなリスクをともなう。そして大衆はそのスリルにますます魅了されていった。スピードはいつも命の危険ととなり合わせであった

ウィンザー城クラシックカー展示

「13」の運命 ジャガーXJ13プロトタイプ

Racer’s Dozen

このジャガーXJ13プロトタイプは1960年代以降、ほとんど乗られていなかった。オクタン編集部のジョン・シミスターがその再試験走行に密着。そして今、歴史上どのジャーナリストよりも遠くへと、この車を走らせた


フェラーリ250LMイメージ

スピードキング ジャガーFタイプ

Speed Kings

ジャガーのスポーツカーの伝統を受け継ぐ最新作として、ついにFタイプが発表された。我々はそれに試乗するとともに、かつての伝説のテストドライバー、ノーマン・デュイスと、現在、彼と同じ役割を担うマイク・クロスと語り合った

フォードGT40フィルムスターイメージ

常勝者 ロータスコルティナ

The Winner Every Time

今も完璧にオリジナルコンディションを保っているアラン・マン・ロータスコルティナで、ジョン・ウイットモア卿は1965年の初シーズンに8回の優勝をものにした。ジョンとマシンの再会ストーリーをトニー・ドロンがレポートする

ロードゴーイングフォードGT40イメージ

甦った伝説 アルファロメオ ディスコヴォランテ

Bringing Disco Back

オリジナルのディスコ・ヴォランテは、カロッツェリア・トゥリングの最も傑出した作品として今も名高い。時代を経て新たに甦った伝説の“円盤”を、いま愉しむ

ポルシェミュージアムイメージ

史上最高値を付けた英雄 メルセデス・ベンツW196R

Hero Worship

2013年7月12日、ボナムスの自動車部門担当ダイレクターが"ファイナルコール"と叫びながらハンマーを振り下ろしたとき、自動車オークションにおける新記録が生まれた。歴史的なグランプリカー、メルセデス・ベンツW196Rについた価格は、1750万ポンド。手数料と税を加えると実に1960万1500ポンド、邦貨換算で29億8714万6844円(主催者発表)にも達する。なぜ、これほどの高価になったのか。その理由をお話ししよう

ベントレーバーキンエンジンイメージ

スリーホイラーは愉快だ モーガンスリーホイラー

Three’s Company

もう生産を終えてから50年以上を経ているというのに、モーガンはスリーホイラーの現代版を発表して、世界中を驚かせた。それは愚かな行為か、はたまた天才的な妙案なのか。Octaneは、それを見極めようと編集記者のデイヴィッド・リリーホワイトと共にマルヴァーンリンクのファクトリーへと向かった。彼らは1931年製スリーホイラーも用意して、私たちの到着を待ち構えていた

MGワークスマシンイメージ

アールデコ再訪

Art Deco Revisited

ピーター・ミューリンといえば、しばしばペブルビーチなどのコンクール・デレガンスにフランボワイアント(火炎派)様式のボディを架装した車を持ち込むことで知られる。ミューリンはアールデコ時代の自動車や芸術品などを中心に収集し、2010年にピーター・ミューリン・オートモーティブ・ミュージアムをカルフォルニア州のオックスナードに開いた。開館から3年を経たのを機に、ピーター・ミューリンに、その想いを聞いた

モナコアートのフェラーリF1

輝きを取り戻した宝石 フェラーリ250GTルッソ

Ruby Max

フェラーリ250GTルッソは、60年代のコンペティション・フェラーリの圧倒的な輝きの陰に隠れた存在だった。しかしロバート・コウチャーはこのエレガントなグランドツアラーの真の魅力を再発見したのである

トヨダAA運転席

衝撃と畏怖 フェラーリモデューロ

Shock And Awe

ピニンファリーナが長年にわたって守り通してきたデザインエッセンスからすれば、1970年3月のジュネーヴ・ショーで公開されたモデューロは、意表をつく革新的なモデルであった。その年の大阪万国博覧会のイタリア館には、イタリアンカーデザインの最新作として展示され、来場者を驚かせた

マセラティロード&ボート

隠された秘宝 ブガッティT57ヴァントー

Hidden Treasure

私たちは深夜のパリの市中で1台のブガッティT57ヴァントーと向かい合った。私たちが抱くブガッティのイメージから逸れた緑の濃淡にペイントされたこのT57には興味深いヒストリーが刻まれているという。その謎を解き明かすことから話を始めよう

マセラティロード&ボート

デロリアンの物語 デロリアンDMC-12

The Delorean Story

車好きにとっては、理想をカタチにすることが叶わなかった悲運の一台。それほど興味のない人にとっては、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のタイムマシン。日本におけるデロリアンのイメージとはそのようなものではないだろうか?この30年間で最も誤解され、そして愛された車-正式名称、デロリアンDMC-12。この車には、ガルウィングドアやステンレスボディ以上に語られるべき物語があるという

マセラティロード&ボート

caser.jpgcaser.jpg

Alist.jpgAlist.jpg

autodirect.jpgautodirect.jpg

vintageshonan.jpgvintageshonan.jpg

collezione.jpgcollezione.jpg

forme1.jpgforme1.jpg

wins1.jpgwins1.jpg

kiyora.jpgkiyora.jpg

jiron.jpgjiron.jpg

CMW.jpgCMW.jpg

euro.jpgeuro.jpg

oldboy.jpgoldboy.jpg

pug2.jpgpug2.jpg

mukai1.jpgmukai1.jpg

b1.jpgb1.jpg

jag1.jpgjag1.jpg

corg1.jpgcorg1.jpg

hinode1.jpghinode1.jpg

s1.jpgs1.jpg