オクタン日本版7号について

home.pnghome.pngnews.pngnews.pngabout.pngabout.pngcontents.pngcontents.pngevents.pngevents.pngfacebook.pngfacebook.pngonline.pngonline.pngcarshop.pngcarshop.pngimpression.pngimpression.pngaboutus.pngaboutus.png

FEATURES 2013.6.26


rrggr.jpgrrggr.jpg

特集 FERRARI

オクタン日本版はこの号でフェラーリに多くのページを割いた。
本誌がひとつのメイクにこれほど多くのページを使ったことは初めてになる。

日本版では、これまでに刊行された約10年分の英国版「Octane」本誌から
様々なメイク/ジャンルを自由に選ぶことができるが、
全体を見渡してみるとフェラーリの存在が多いことがわかる。
HVシステムを採用した最新のラ フェラーリを詳報したかと思えば、
極めてレアなごく初期の166SCまで、実に多岐にわたる。

この号ではフェラーリの歩みを語る上で欠かせない
重要なモデルをいくつか取り上げ、フェラーリ特集とした。
ここに収めることのできなかったモデルは、次回以降の楽しみとさせていだだきたい。

THE FRENCH EVOLUTION

Ferrari 250GT〝LWB〞Berlinetta

サーキットとヒルクライム間を公道で結んだ長距離自動車レース、ツール・ド・フランス・オートモビール。そこで活躍したことから、フェラーリ250GTベルリネッタは、ツール・ド・フランス(TdF)の名で呼ばれるようになった。その第3世代をロバート・コウチャーがグッドウッドまで走らせた

ウィンザー城クラシックカー展示ウィンザー城クラシックカー展示

DARK HORSE

Ferrari 166 Spyder Corsa

この166スパイダーコルサは、現在まで多くのヒストリーを積み重ね、草創期のワークス・フェラーリを語る上で欠かせない存在である。創業当時のフェラーリについて解き明かすのは容易ではないが、この車の生い立ちが、小さなヒントになるかもしれない

wggg.jpgwggg.jpg

桁外れのリバイバル

Ferrari 250GTO

舞台は2010年のグッドウッド・リバイバル。ピンクフロイドのドラマーでエンスージアストとしても知られるニック・メイソンがフェラーリ250GTOをエントリーさせた。ドライバーは元F1ドライバーで1990年ル・マン優勝者のマーティン・ブランドルだ。コドライバーを務めたマーク・ヘイルズが、この一部始終を語る

250GTO.jpg250GTO.jpg

FERRARI'S PROT-SUPERCAR

Ferrari 365P

V12エンジンをミドに搭載した、センターステアリング3座席フェラーリ、365P。2台が作られ、そのうちの1台はキネッティ家によって大切に保管されてきた。もしこの 365P が市販されていたら、スーパーカーの歴史はかなり違ったものになっていたかもしれない

544445.jpg544445.jpg

MODENA’S HIT PARADE

Ferrari 330GTS

330GTSは数あるフェラーリの中にあって、高い人気に支えられてきたわけではない。しかし時を経て、いまや7桁の価格を誇るフェラーリの仲間入りをしている。一度乗ってみれば、この車が注目を浴びるまでに、なぜこれほどまでに時間がかかったのか、不思議に思うに違いない

tytt.jpgtytt.jpg

12気筒ボクサーエンジン

Ferrari 312B2

フェラーリが1971年に走らせたF1、312B2の第1号車たるシャシーナンバー"005" が最近公開された。ジャッキー・イクスが駆ったフェラーリF1がいま、美しいオリジナル状態を保ちつつ繊細にレストアされたのだ。跳ね馬70年代の記憶がまざまざと呼び覚まされる

Rear.jpgRear.jpg

REDEFINING THE ULTIMATE

Ferrari LaFerrari

『Octane』がついにラ フェラーリを試乗。新たな跳ね馬の実力を体感することになった。このマシンは過去の高名なモデルの評価にどのような影響をもたらすのだろうか。ベテランのレーシングドライバーでもあるマーク・ヘイルズが答えを求めてマラネロを訪れた

wewer.jpgwewer.jpg

LAST TIME AROUND

Ferrari Enzo

フェラーリ創業者の名前を冠したエンツォは、シューマッハー時代のF1のテクノロジーを特別な顧客に販売するという試みであった。しかし、フェラーリがその"究極"を定義してから10年以上が過ぎた。そろそろ見方を変えるべき時かもしれない

Into-The-Red-1011.jpgInto-The-Red-1011.jpg

VICTORY TO THE UNDERDOG

Ferrari F50

F50は1995年当時フェラーリのトップモデルであったが、評論家は必ずしもそう評価しない。マーク・へイルズはF50と再会し、その底力を見直すという希少な経験を持った

wfw.jpgwfw.jpg

特別なマシン

Ferrari F40

フェラーリの40周年記念モデルとして発表されたF40。ミッドに搭載されるV8エンジンは478bhpという高い最高出力を誇ったが、排気量はたったの2936cc。小さくて軽量なエンジンをターボチャージャーで強化することにより、高い出力と軽量化を両立させたのだ

fffgf.jpgfffgf.jpg

288GTOとF40をつなぐ「幻の架け橋」

Ferrari 288GTO Evoluzione

その姿を目の当たりにしたことがある者はひとにぎりに過ぎない。しかし、過激なスタイルを持つこのレーシングスポーツがなければ、名車"F40"も誕生しなかったかもしれないのだ

gjhj.jpggjhj.jpg

水面を駆ける跳ね馬

FERRARI HYDROPLANE

フェラーリのバッジを許された唯一のスピードボート。命知らずのボートドライバー、アキレ・カストルディによる、フェラーリF1用エンジンを搭載して世界記録を達成したハイドロプレーンだ。これはそのボートにまつわるストーリーである

MC12_r307_03.jpgMC12_r307_03.jpg

GOODWOOD Festival of Speed

イングランド南西部の丘に集う、新旧名車たちの祭典

1993年にスタートしたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード。英国郊外のなだらかな丘陵地帯の荘園を舞台に、世界中から貴重なスポーツカーやレーシングカーが集い、時代を超えた一流のドライバーやライダーが一堂に会してヒルクライムを楽しむ。モータースポーツ愛好家なら一度は訪れたい贅沢なイベントだ

erger.jpgerger.jpg

Le Mans Classic 2014

観る者も共に楽しめるテーマパークのようなアンビエンス

ル・マン クラシックは2002年に開始されて以降、隔年で開催されており、今年で第7回目の開催を数えるにいたった。往年のル・マン出走車両をリアルなサーキットで観られる楽しみと、そしてサービスのトランスポーターまで当時のものを用意するなど演出の徹底ぶりに年々ファンは増え続けているようだ

Octane_0007_100-1.jpgOctane_0007_100-1.jpg

アンドレア・ザガートが選ぶトップ10

ZAGATO’S FAVOURITES

数々のライバルが姿を消していく中で、ほぼ一世紀に渡って生き続けてきたカロッツェリア、ザガート。創立者ウーゴの孫にあたり経営者のアンドレア・ザガートが、星の数ほどある傑作の中から、あえて個人的なベスト10を決めた。いったい何が選ばれたのか…

ssss.jpgssss.jpg

Ah! Bicester!

Bicester Heritage

古い車やバイク、そして飛行機をレストアするスペシャリスト達が、一旦は放棄され忘れられていた、かつてのRAF爆撃機基地に集まって拠点を構えているという。それを聞いてOctane編集スタッフが放っておけるはずがない

Speed007.jpgSpeed007.jpg

ペブルビーチ・コンクールデレガンス

PEBBLE BEACH CONCOURS d’ELEGANCE

1950年から続く、世界でも最も権威あるクラシックカーの祭典のひとつ、ペブルビーチ・コンクールデレガンス。この季節になると、モントレー全体がスーパーカーやクラシックカーで賑わい、いたるところでさまざまなイベントが開催されるのだ

ererer.jpgererer.jpg

FERRARI V12 ~その伝統と革新~

F12 BERLINETTA & FF

伝統的なV12フェラーリの系譜を今に継承するF12ベルリネッタ。そして、4WDで4シーターという革新的なコンセプトのもと生まれたFF。跳ね馬の新世代V12モデル2台を、早朝の東京で走らせてみた

tgtgtg.jpgtgtgtg.jpg

スペシャルな2台

458 SPECIALE
& 458 SPIDER TAILOR-MADE“BUSHIDO”

V8フェラーリ史上最高のパフォーマンスを誇る「458 スペチアーレ」と、特注カスタマイズサービス「テーラーメイド」による特別な「458 スパイダー テーラーメイド"BUSHIDO" 」この2台の特別な458を、レーシングドライバーの藤井誠暢氏が駆る!

56h6h64.jpg56h6h64.jpg

ジェームズ・ハントのメルセデス・ベンツ 6.9

James Hunt’s Mercedes

「金が入ったら、ばっちりレストアするんだ」
ジェームズ・ハントは、お茶のカップを胸に抱えながら
古びたメルセデス・ベンツのダッシュボードを見つめていた。
それは彼の命が尽きる6カ月前のことだった…

wwwew.jpgwwwew.jpg

フォトグラファー岡倉禎志が撮る
1924 Delage Type DI Torpedo Sport

フランス流の伊達

前号に続き岡倉禎志はフランス車を被写体に選んだ。初夏の避暑地に連れ出したのは、さながら水面を疾走するかのようなボディを持つドラージュだった

erhgehtr.jpgerhgehtr.jpg

猛々しさと、落ち着きと、

Bentley Flying Spur V8 & Mulsanne

コンチネンタルGTの存在によって、オーナーカーとしてのイメージが確立されたベントレー。ただ4ドアモデルとなると、まだ自身でステアリングを握ることをためらわせる迫力があるのも事実。オクタン日本版は、フライングスパーの新グレードV8と、フラッグシップのミュルザンヌを東京から金沢までテストドライブした

wrgwrgwg.jpgwrgwrgwg.jpg

caser.jpgcaser.jpg

Alist.jpgAlist.jpg

autodirect.jpgautodirect.jpg

vintageshonan.jpgvintageshonan.jpg

collezione.jpgcollezione.jpg

forme1.jpgforme1.jpg

wins1.jpgwins1.jpg

kiyora.jpgkiyora.jpg

jiron.jpgjiron.jpg

CMW.jpgCMW.jpg

euro.jpgeuro.jpg

oldboy.jpgoldboy.jpg

pug2.jpgpug2.jpg

mukai1.jpgmukai1.jpg

b1.jpgb1.jpg

jag1.jpgjag1.jpg

corg1.jpgcorg1.jpg

hinode1.jpghinode1.jpg

s1.jpgs1.jpg

wgwrw.jpg

オクタン日本版vol.7のお買い求めはこちら!