オクタン日本版9号について

home.pnghome.pngnews.pngnews.pngabout.pngabout.pngcontents.pngcontents.pngevents.pngevents.pngfacebook.pngfacebook.pngonline.pngonline.pngcarshop.pngcarshop.pngimpression.pngimpression.pngaboutus.pngaboutus.png

FEATURES 2013.6.26


Octane9表紙600.jpgOctane9表紙600.jpg

特集 BEAUTIFUL CARS
才長けて、見目麗しき車たち

車は美しいプロダクトである。
そんな事象の数々を目の当たりにしてきた。
デザインとは機能を美へと昇華させる瞬間。
その表現が、迫力であったり妖艶であったり、または理屈であったり。
好みとしてはフランスの傑作、ドラージュなどは本当に美しいと感じる。
一方で奇才レイモンド・ローウィが線を引いた、
スチュードベーカー・アヴァンティなんて車も最近は気になって仕方がない。
英知あふれる天才の感性が宿った自動車こそが美しい。
そして美しい車を眺めていると、それだけで幸せになってくる。

Race relation

LE MANS FERRARI 275GTB/C

レースは神話を生むと人はいう。
ここに登場するフェラーリ275GTBコンペティツィオーネも、
ル・マン24時間、スパ1000km、イモラ500kmに出場し、
名声を得た一台。過去に乗った275と比較しながら、
ウィンストン・グッドフェローがその姿を浮き彫りにする。

1.jpg

Barn find of the Century

世紀の発見

バーンファインドという言葉がある。
納屋などで長期に渡り眠っていたものが見つかることを示す。
しかし、全部で100台ものコレクション、まして、フェラーリ・
カリフォルニア・スパイダーやブガッティT57などといった
貴重な宝物を見つけることは滅多にない。

2.jpg2.jpg

Le Tour D’ALSACE

CITROËN DS IN FRANCE

シトロエンDSを駆って、フランスのある地方を目指そう。
そこには美しい街と素晴らしいブドウ畑、最高のレストラン、
そして選ぶのに困るほど多くの美術館のすべてが揃っている。
ぐずぐずしている理由があるだろうか?

3.jpg3.jpg

SHORT & SWEET

Jaguar D Type

昨年、Dタイプは生誕60年を迎えた。
オクタンはジャガー社が収蔵するプロトタイプ、シャシーナンバー
XKC401を引っぱり出して、当時開発に携わった伝説のテスター、
ノーマン・デュィスに会いに行くことにした。
これ以上に素晴らしい誕生祝いは思いつかない。

4.jpg4.jpg

On The Trail Of Goldfinger

ASTON MARTIN DB2/4

この1955年アストンマーティンDB2/4の初代オーナーは、
"007"の著者として知られるイアン・フレミングだ。さまざまな改造が施されたこのアストンは、彼の著作に大きな影響を与えたといわれている。オクタンはそのDB2/4に乗って、フレミングの作品に縁ある場所を訪ねることにした。

5.jpg5.jpg

RACY FRENCH NUMBER

TALBOT-LAGO AEROCOUPÉ

タルボ-ラーゴ T150C SSプルートー・エアロクーペは、1930年代エレガンスの究極形であるだけでなく、優れたレーシングカーでもあった。出走16回で14勝という驚異的な成績を残したのである。
見事なレストアの完成を記念して、この車の歴史をひもとこう。

6.jpg6.jpg

DANCE with the DEVIL

FIAT MEPHISTOPHELES

2トン近い車重、2万1700ccの直列6気筒エンジン、恐ろしい爆音。
速度記録を樹立した航空エンジン搭載の1923年式フィアットには、
『ファウスト』に登場する悪魔の名前がついている。
並の神経の持ち主はステアリングを握ることができない。

7.jpg7.jpg

Quite so me test drive

PONTIAC IN THE OUTBACK

1963年式ポンティアック・ボンネビルを駆って、はじめは
軽いドライブに出掛けたはずだった。だが結果的には、
オーストラリアのアウトバックに誘われて、2000kmにおよぶ
大冒険になってしまった。これは、その旅の記録である。

8.jpg8.jpg

TWO OF A KIND?

MIURA vs DAYTONA

ミウラの投入によって"スーパーカー"の方程式を確立させ、
ランボルギーニ社は自動車メーカーとしての名声も得た。
しかし、果たしてミウラはフェラーリ365GTB/4デイトナに
勝る車だったのだろうか。

9.1.jpg9.1.jpg

SUPER CLASH

Countach vs Boxer 512BBi

天才的デザイナーによる大胆なスタイリングで
世界に衝撃を与えたランボルギーニ・カウンタックLP400と、
迫力と品格、美しさを併せ持つ傑作、フェラーリ512BBi。
イタリアン・スーパーカーの巨頭としての2台を、今、見つめ直す。

9.2.jpg9.2.jpg

VISION OF THE FUTURE

BERTONE SIBILO

1978年、ガラスとスチールがシームレスに接合する
褐色のコンセプトカー、ベルトーネ・シビロが誕生した。
『風変わりな車』というレッテルだけ貼って終わらせてしまうと、
意義ある試作車という側面を見失うことになるだろう。
見かけは"濃い"が中身はもっと濃いのだ。

10.jpg10.jpg

Sting like a B

FRONTLINE MGB

"Sting like a bee"とは、伝説のボクサー、モハメド・アリの
有名な言葉。MGB、アビンドン・ロードスターを表現するには、
この"パワフルな一撃"という言葉が最も適している。なにしろ、
0~100km/h加速が4秒未満という圧倒的な速さを発揮するのだ。

11.jpg11.jpg

MIAMI NICE ?

BENTLEY MULSANNE SPEED

最高出力530bhp超というハイパワーを誇るベントレーの
新型スポーティ・サルーンに試乗できると聞いて、
ロバート・コウチャーは喜んでマイアミへと飛んでいった。
そこには伝説のレーシングドライバー、デレック・ベルがいた。

12.jpg12.jpg

LEGEND of MUSTANG

Old & New MUSTANG

連綿と受け継がれるブランドには、心に訴える魅力がある。
1964年のデビューから50年を経て6代目となった新型マスタング。
完全なブランニューだが、初代ポニーカーの趣を、ディテールに
色濃く残していることにあらためて気付かされた。

13.jpg13.jpg

caser.jpgcaser.jpg

Alist.jpgAlist.jpg

autodirect.jpgautodirect.jpg

vintageshonan.jpgvintageshonan.jpg

collezione.jpgcollezione.jpg

forme1.jpgforme1.jpg

wins1.jpgwins1.jpg

kiyora.jpgkiyora.jpg

jiron.jpgjiron.jpg

CMW.jpgCMW.jpg

euro.jpgeuro.jpg

oldboy.jpgoldboy.jpg

pug2.jpgpug2.jpg

mukai1.jpgmukai1.jpg

b1.jpgb1.jpg

jag1.jpgjag1.jpg

corg1.jpgcorg1.jpg

hinode1.jpghinode1.jpg

s1.jpgs1.jpg

Octane9表紙600.jpg

オクタン日本版vol.9のお買い求めはこちら!