イギリス発祥のヴィンテージカー雑誌
「オクタン日本版」

Octane(オクタン)は、一夜にしてセレブたちを虜にした「英国で一番新しい“旧い”クルマの雑誌」です。

2003年に英国で創刊されたヴィンテージカー雑誌「Octane」。彼らの造り出す、従来の雑誌の型にはまらない大胆かつ繊細な構成、ロードムービーのようなヴィジュアルは、瞬く間に英国のエンスージァスト(=マニアックでハイエンドなクルマ好き)をも取り込み、イギリスで一番売れているヴィンテージ&パフォーマンスカー雑誌となりました。そして、その世界一美しく面白いと評される誌面は、国境を越えて広がりを見せ、2012年春からのフランス語版、イタリア語版の出版をはじめとし、ワールドワイドに展開されてきました。オクタン日本版の発行も、その一環として位置づけられています。

「オクタン日本版」は2013年に創刊。
究極のヴィンテージカーの世界を、日本にも。

昨今の日本は若者のクルマ離れや環境問題など、自動車社会の変化が囁かれていますが、一方で世界有数の自動車大国であり、アジアにおいて最も成熟した自動車文化の素地をもつ国でもあります。いまや個人が所有する“走行可能な F1 ”は 20 台以上を数えるなど、世界でも屈指の質を誇るコレクターが日本各地に存在し、究極の自動車趣味といえるヴィンテージカーの世界は、バブル期よりもさらに深化しています。そう、今の日本には様々なモノを味わい尽くしてきた趣味人たちが、アガリ(=集大成)としてヴィンテージカーを楽しむ、というトレンドが確かに存在するのです。

そんな彼らの興味の対象はクルマだけにとどまらず、ガレージ、自転車、カメラ、時計、ファッションなど、際限なく広がりをみせるのが特徴です。自動車文化先進国である英国発の Octane こそが、そんな彼らの欲求を満たす媒体として機能するのです。

グルメ、ブランド、上流社会… 様々なバックボーンに裏打ちされたヨーロッパのハイエンド情報をお届けします。

ヨーロッパの車好きなセレブに Octane が支持される理由──それは自動車へのマニアックな視点に負けず劣らず、様々な文化的背景に造詣の深いコンテンツが掲載されているからです。取材に協力する面々も、貴族やレーサーなどの著名人ばかり。さらに執筆陣の中にはローワン・アトキンソンや、 ニック・メイスンといった有名人も多く、Octane に関わること自体が、彼の国ではステータスとなっているのです。

日本版ならではの、
独自取材によるオリジナルコンテンツも充実。

ヨーロッパの車好きなセレブに Octane が支持される理由──それは自動車へのマニアックな視点に負けず劣らず、様々な文化的背景に造詣の深いコンテンツが掲載されているからです。取材に協力する面々も、貴族やレーサーなどの著名人ばかり。さらに執筆陣の中にはローワン・アトキンソンや、 ニック・メイスンといった有名人も多く、Octane に関わること自体が、彼の国ではステータスとなっているのです。

MAGAZINE