伝説のF1ドライバー名を冠したマクラーレンの最新モデル「セナ」

アイルトン・セナ。その名は、F1ファンでなくともどこかで耳にしたことがあるに違いない。1980年代~90年代にかけて活躍し、ワールドチャンピオンにも三度輝いた、伝説のF1ドライバーである。1994年5月のF1サンマリノグランプリでの事故死から24年が経った現在でも、モータースポーツ界における彼の存在は特別なものといえる。

McLaren Senna (1).jpg

そんなセナの名を冠したマクラーレンのニューモデルが日本で初公開された。同社の"アルティメットシリーズ"最新モデルにアイルトン・セナの名が選ばれたということは、これが伝説のドライバーの名を冠するにふさわしい「究極」のモデルであるからに他ならない。アイルトン・セナとマクラーレンの最新モデル「セナ」の両者には、過去の栄光だけではなく、いつの時代にもチャレンジし続けるスピリットが共通したDNAとなっている。

McLaren Senna (2).jpg

発表会の会場となった増上寺には、在りし日のアイルトン・セナがまとったレーシングスーツや、マクラーレン在籍時の最終レースで着用したヘルメット、1993年日本GPでセナが優勝した際のシャンパンボトルなどが展示されていた。

McLaren Senna (6).jpgMcLaren Senna (5).jpg

公道も走れるロードカーでありながら、サーキットでも優れたパフォーマンスを発揮するこのモデル。エアロダイナミクスはマクラーレンの掲げる「フォルムは機能に従う」というデザイン哲学に基づいて設計されている。最高出力は800ps、トルクは最大800Nm、乾燥重量は1198kg、0-100km/hに達する加速はわずか2.8秒、最高速度は340km/h。そして価格は67万5000ポンドだ。

McLaren Senna (9).jpgMcLaren Senna (3).jpgMcLaren Senna (4).jpg

「全く妥協のないレベルにまで自分を高めるのだ。自分の全てを、まさに全てを捧げるのだ」-アイルトン・セナのストイックなまでのこの言葉が、「マクラーレン・セナ」を象徴しているといえるだろう。


写真:萩原文博 Photography: Fumihiro HAGIHARA

McLaren Senna (7).jpg

RECOMMENDEDおすすめの記事


RANKING人気の記事