航空機の次世代を切り開くHondaJet│日本初号機が引き渡される

2018年12月20日、日本で初となるHondaJet Eliteの引き渡しが行われた。HondaJet は、主翼上⾯のエンジン配置や⾃然層流翼型、⼀体成型複合材胴体などの Honda 独⾃開発技術により、クラス最高水準の最高速度、最⼤運⽤高度、上昇性能、燃費性能、静粛性および室内サイズを実現した小型ビジネスジェット機である。初号機引き渡しを記念した式典は、⽻⽥空港内にて開催され、国⼟交通省より蝦名邦晴 航空局⻑を招き、HACI社⻑ 藤野道格、日本のディーラーである「HondaJet Japan」チーフ エグゼクティブ 遠⽮源太郎らが出席した。

蝦名航空局⻑から藤野 HACI 社⻑に型式証明書が授与されたあと、日本での最初の顧客となる千葉功太郎氏(堀江貴文氏と山岸広太郎氏も共同所有者となる予定)に最新型のHondaJet Eliteが引き渡され、以の想いをコメントした。
「Honda は世界に誇れる空のパーソナルモビリティーを送り出してきました。この素晴らしい HondaJet を⽣み出した HACI 藤野社⻑をはじめ、開発チームに御礼申し上げます。私も数回、 実際に乗りましたが、その静⾳性、⼒強さ、なめらかさ、安全性、安定性、そして何よりも機体の 美しさは抜群です。小型ジェット機が普及すると、日本全体が⼀つの都市圏になり、新しい経済 活動が加速します。12月20日は、日本における『空の移動革命 Day1』になると強く確信します。」
 
HACIは、HondaJet Japanを通じ、2018年6月よりHondaJet Eliteの日本での受注を開始。 現在までに10機を超えるオーダーを受けており、好調な滑り出しとなっている。 日本での販売は、丸紅エアロスペース株式会社をHondaJet Japanに指定し、販売・整備・機体の運⽤サポートなどの各種サービスを提供する。現在、北⽶、欧州、中南⽶、東南 アジア、中国、中東、インド、日本で販売をおこなっている。

日本の開発技術が凝縮された1機が日本の空を飛ぶ、記念すべき出来事であろう。

HondaJet


RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事