水をあげて育てていく腕時計│持続可能な発展を目指すために

スイスの時計ブランド、H. Moser & Cie.(H. モーザー)より水をあげて育てる腕時計が発表された。時間は毎日平穏に過ぎていくが、人間の影響を受けて壊れやすく、貴重であることを表現している。時計製造とそれ以外の分野にも及ぶ活動における、環境に配慮した持続可能な発展への取り組みのシンボルとして、この"モーザー・ネイチャー・ウォッチ"が生まれたのである。

モーザー・ネイチャー・ウォッチは、単なる「グリーン」の機械式時計ではなく、シンボルだ。100% スイス製で、シャフハウゼンを拠点とする H. モーザーのマニュファクチュールの庭園で育てたスイス原産の植物を使用して製作されている。時計職人とそうでない職員を含むチーム全員が、その栽培に協力しており、その重要性を理解したうえで育成をしている。



機械式ムーブメントを備えたこの時計は、リレー競走のバトンのように、次の世代が引き継いて使用できるよう製作されており、使用者に必要なのは、正しく手入れすることだけ。H. モーザーのチームは、情熱と責任感により、最初の文字どおりの意味(「時を計る」器具)の「時計」を作ることを求められているのだ。

この作品は、ジュネーヴサロンにて展示されている。

モーザー・ネイチャー・ウォッチ
リファレンス 8327-1200、100% スイス産およびスイス製の最初の「グリーン」の時計。
多肉植物、苔、ミニエケベリア、クレソン、ムラサキツユクサ、オニオンセットで装飾されたユニークなスチール製モデル、スイスアルプスの天然鉱石と地衣類を使用したダイアル、芝生で作成されたストラップ。

成長し続けるケース
スチール、多肉植物、苔、ミニエケベリア、クレソン、ムラサキツユクサ、オニオンセット
1 日に 2 回の水やりが必要
直径:42.0 mm、厚さ:9.4 mm
サファイアクリスタル
サファイアクリスタルを用いたシースルーのケースバック
「M」で装飾されたリュウズ

鉱物と植物のダイアル
スイスアルプスの天然鉱石と地衣類

再生可能エネルギーのみを使用するムーブメント
自社製手巻きキャリバー HMC 327
寸法:32.0 mm(14 ¼ リーニュ)、厚さ:4.5 mm
振動数:18,000 振動/時
29 石
パワーリザーブ:約 3 日間
歯車とカナはすべてにモーザー独自の歯型を採用
オリジナルのシュトラウマン・ヘアスプリング®

機械的および生態学的機能
時および分の表示
酸素の浄化
CO2 の再利用
二酸化炭素排出量の削減に貢献

小型のハサミで定期的に芝生をお手入れする必要のあるストラップ
芝生
モーザーのロゴが刻印されたステンレススチールのバックル 

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事