人から見られたい人に捧げる車!?│おもしろいカスタムカーの世界

もし、みんなの注目の的になりたいのであれば最適な1台がここにある。モディファイされたクライスラーPTクルーザーだ。うねった曲線のパッセンジャーコンパートメントが付いている。

もはやこの車において入ルーフは注目すべき点ではない。バロック調で花やつるの装飾がされている。コンパ―ネントの中は、LEDライトで照らされ、白ユリが床と天井に描かれている。床から天井まで続く窓は、ここに乗りこむ人にはプライベートが全く無いことを意味する。





エンジンは2リッターで138hのため、速さに期待はできない。しかし、ゆっくりでないと中の人を見ることはできないから調度良いだろう。

現代風のシンデレラの馬車のようだ。このモンスター馬車はリトアニアにある。アメリカのプロムシーズンに向けて、海を渡る日を待ち望んでいるのだと思う。3万2000ユーロ(約370万円)の値が付けられているが、クールに見せたいがために出費するものとしては高すぎるであろう。購入する人は、何かその価格を補う使い方を考えなければならない。

最近、ヨーロッパではカスタム文化が流行ってきている。ヨーロッパで第二の車生を歩むか否か。どのような人物によって購入されるのであろうか。日本で目にかかることがあるかもしれない...。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事