ジェームズ・ボンドゆかりの地をめぐるロンドンの歩き方

世界でもっとも有名なスパイであり、英国人らしい独自のこだわりを持つジェームズ・ボンド。007「スカイフォール」のロケ地を中心に、ボンドが愛したレストランやバーと007シリーズを生み出した原作者、イアン・フレミングの御用達ホテルなど、ボンドにまつわるロンドンのスポットをイラストとともにご紹介。


Department of Energy and Climate Change Building

エネルギー・気候変動省ビル

新 MI6
「スカイフォール」のラストシーンにて、ジェームズ・ボンドが英国国旗のはためくロンドンの街並みを見つめる象徴的なシーンが撮影されたエネルギー・気候変動省ビル。ボンドの目の前に立っているのは国防省ビル/Old War Office Buildingで、こちらも過去の作品でMI6のオフィスとして登場しています。
Address: Department of Energy and Climate Change 3 Whitehall Place,London SW1A 2AW


Dukes Bar

デュークス・バー

こちらも原作「007」に登場するロンドンの老舗ホテル、デュークス・ホテルのバー。ボンドの名ゼリフ「Shaken, Not Stirred」で知られる有名なボンド・マティーニが生まれた場所です。
Address:Dukes Hote l, 35 St. James’s Pl, London SW1A 1NY


10 Trinity

10トリニティ・スクエア

情報安全保障委員会政府施設
ここはMが訪問する情報安全保障委員会のギャレス・マロリー(レイフ・ファインズ)委員長のオフィスとクレア・ドワー(ヘレン・マックロリー)大臣らが出席する、機密漏洩事件の公聴会会場がある政府施設。トリニティ・スクエア通りに面したアパート&ホテル施設では、ボンドがMを連れ出すガンアクションシーンや周辺の公道を使ったカーアクションなども行われました。
Address:Port of London Author ity Building


Brown’s Hotel

ブラウンズホテル

007の原作者の愛したホテル
イアン・フレミングは多くの007シリーズの原作を、このブラウンズホテルで執筆していました。残念ながら原作には登場しませんが、それだけ彼が大切にしていた、まるで我が家のようなサービスを提供してくれるホテル。イアン・フレミングが生誕100周年を迎え、当時最新作の「慰めの報酬」が公開された2008年には、イアン・フレミングパッケージとして、彼をイメージした特別なラグジュアリールームに宿泊したゲストがボンドの愛したフードを楽しめるイングリッシュ・ブレックファストや、2種類のスペシャルカクテルサービス(もちろんステアではなくシェイクされたもの)、ジェームズ・ボンドエキシビションのチケット、セバスチャン・フォークスの執筆した新ボンドシリーズの小説がサービスされるといったイベントも開催されていました。
Address: 33 Albemarle St. London W1S 4BP

Illustration / Tomoko Kaneko VULCANIZE Magazine Vol.10(ヴァルカナイズ・ロンドン発行)に掲載された記事を元に再構成しています。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事