最も輝きの強い天体をモチーフにした時計│ジラール・ペルゴ新作

Girard-Perregaux

「アース・トゥ・スカイ」というテーマのもと、最も輝きの強い天体"クエーサー"に因んだ名を冠した時計がジラール・ぺルゴより発表された。

サファイアクリスタルから、望遠鏡で見た天体のようなスケルトン加工された構造をしたキャリバーが姿を見せる。このムーブメントは、まるでブラックホールのように惹きつけられ、部品の間の空間を輝かせながら、光を炸裂させるのだ。クエーサーの透明性は、そのマットな表面と引き伸ばされた曲線に光の粒子をもたらす。



クエーサーはジラール・ペルゴの宇宙を制する4つの仕組みを体現している。1つ目は、1884年に取得した特許。それはメゾンのユニークなシグネチャーとなっている、文字盤側から見えるスリー ゴールドブリッジ。2つ目はラ・ショー・ド・フォンの工房で手作業により施されるスケルトン加工。3つ目は 2015 年に誕生したネオ・スリーブリッジ トゥービヨン。そのブリッジはストレートでもゴールドでもなく、スケルトン加工されたブラックのアーチ型である。4つ目は高い技術的機能をもったサファイアクリスタルの採用。2007年に発表されたロレアート スリーブリッジ サファイアによって、コランダムの結晶が高級時計のキャリバーの構造そのものになった。それら 4 つがクエーサーを作り上げている美しい要素だ。

天文学用語のクエーサーとは、ブラックホールの周りに凝集するきわめて明るい活動銀河核の一種である。光と影で構成される奇妙なパラドックスがジラール・ペルゴのクエーサーの特性を反映している。サファイアクリスタルを通り抜ける光と、ムーブメントが返す影で形作られるこのモデルは、宇宙の特性そのものであるコントラストを織り成し、方程式のように複雑で、太陽より高温の天体のように、手首で輝きを放つ作品だ。

クエーサー
Ref. 99295-43-000-BA6A(税別予価:21,510,000円)
(サファイアクリスタル、自動巻き、3気圧防水、約60時間のパワーリザーブ)

https://www.girard-perregaux.com/ja


RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事