アストンマーティン「プロジェクト003」│パフォーマンス性を追求した1台

"プロジェクト003(ヴァルハラ)"と名付けられた、アストンマーティンの新たなハイパーカーの姿が少しだけ、公表された。500台限定製造で、販売は2021年を予定している。

ミドエンジンのスーパーカーであること、アクティブリアスポイラー搭載であることは分かっているが、それ以上の詳細はまだ不明。公開されているスケッチから見たところ、ファイターキャノピーを備えておりヴァルキリーより更に進化したパフォーマンスになることが推測される。

ヴァルハラは軽量構造のボディで、新しく開発されたターボチャージハイブリッドV6エンジンが積まれる。ハイブリッドパワートレインは、KERSシステムを採用している。パフォーマンス性を追求したモデルとなっているのだ。

アストンマーティン代表取締役社長のアンディ・パーマー氏はヴァルハラについて、"ヴァルハラは特別なモデルです。ヴァルキリーよりも優れ、他のどんなスーパーカーよりも高いパフォーマンスを見せる1台となるでしょう"とコメントしている。

試作品をジュネーヴモーターショーで、ヴァルキリー・プロとアストンマーティン新型SUVと共に披露される。走る姿を見れる日を楽しみに待とう。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事