世界初の車好きによる車好きのためのリゾート地!?イギリスを代表する観光地に

Images: Bicester Heritage


かつてのRAF、王立空軍基地跡地に出現した「古い車、バイクそして飛行機のスペシャリスト、職人達の"村"」。ロンドンからは車や鉄道で1時間ほど。5つのインターナショナルエアポートからは1時間半。そしてシルバーストン・サーキットとそれを取り巻く"モータースポーツの谷"からはほんの30分足らずという絶好のロケーションにあ
るのが、"ビスター・ヘリテージ"である。



常に40台のクラシックカーをみることができる広大な場であるが、実際に現在使用されているのは跡地の5%ほどで
あるといわれている。そこで、この土地をすべて活用するため、開発計画が進んでいる。どのように進化をするのか、具体的なビジョンが発表された。




"ビスタ―・モーション"という名のもとで進められているこのプロジェクトは、イギリスで初の「自動車リゾート」を完成させるもの。イギリスで人気の観光地トップ20に入ることを目指しているという。

444エーカーの土地に、344部屋を要するホテルを建設し、クラシックカーのスペシャリストたちが常にゲストを迎えられるようにする。古いものに限らず、新たなビジネスを生み出す場としても利用できるようにもなっており、電動自動車を開発しているメーカーなどもここで開催されるレジャーに参加可能。

ドライブ体験ができ、レストランやカフェが併設されたブランドセンターも建設される。所有している車を保管しておくことのできる、"モーター・ボルト"と呼ばれるガレージも建設され、ギャラリーさながら愛車を置いておくことが出来る。



“ビスタ―・リング”エリアの隣には"Future Automotive Speed Technology"もしくは"F.A.S.T.Zone"と名付けられるエリアが計画されており、ここでは自動車の開発やデモンストレーションを直接見て学ぶことができる。サーキットや、大きな展示場も併設されるとのこと。



ビスタ―・モーションのチーフエグゼクティブを務めるダン・ゲーガンはこのようにコメントしている。"ビスタ―・モーションでは、新しい技術と古くからある技術が混ざり合った空間を楽しむことができます。自動車という分野を超え、ライフスタイルの一部として溶け込む車を、サーキットやショールームを通じて提供します。常に自動車の世界は変化しています。このビスタ―・モーションが様々な世代の人々にとって"これまで経験したことのないリゾート"となることを期待しています" 

Bicester Heritage

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事