ジャガーDタイプ プロトタイプを駆って伝説のテストドライバーに会いに行く

Photography:Matthew Howell

オクタンはオリジナルのジャガーDタイプ プロトタイプを引っぱり出して、当時開発に携わった伝説のテスター、ノーマン・デュィスに会いに行くという計画を立てた。これ以上に素晴らしい誕生祝いは思いつかない。

コヴェントリーという街は概してロマンチックな街とはいいがたい。他の多くの英国の街には普通に見られる中世の回廊や広いロイヤルパーク、または市の中心を貫く荘厳な川などは、どれもない。あるのは無機質なコンクリートの街並ばかりだ。これは第二次大戦中のドイツ空軍と、その数年後に後始末を担当したこの街の都市計画担当者との共同作業の賜物だ。しかし車好きにとってコヴェントリーは、世界で最も心を揺さぶる場所のひとつである。



ここは今日まで100 社を超える様々なメーカーの故郷として常に自動車の街であった。街は絶え間なく変化を続けているが、市の中心部、低層のタワーブロックの間を走る内環状道路の緩やかなカーブを描く高架橋を見れば、1950〜60 年代の躍進の時代に、この街の市会議員たちが理想としていた街の姿を知ることができる。街の歴史を知るためにも、レディ・ゴディバと並んでコヴェントリーの象徴であるジャガーを運転してみるのは悪くない。そしてそのジャガーがDタイプであったなら、もう完璧だ。環状道路は素敵な風景とはいえないが、これらモノクロームのコンクリートウォールは1950年代のル・マンカーの咆哮を堪能するには最高の音響効果を発揮する。

Dタイプは、1951年にジャガーがCタイプで勝ち取ったル・マンでの勝利をさらに確固たるものとしたレーシングモデルだ。今回はジャガー社が収蔵するファクトリープロトタイプ、シャシーナンバーXKC401を借り出した。シャシーナンバー中の"C"は、開発中のその当時、誰も車の名称を決めていなかったことを物語っている。



現代のヒストリックカーマーケットにおけるこの車の価値は少なく見積もっても7〜10ミリオン英ポンドはする。私たちのプランは、これをラッシュアワーのコヴェントリー市内と、英国で最も混雑する高速道路のひとつ"M6"でドライブしようという計画だ。保険を掛けてくれたジャガー社には本当に感謝している。

今回のミッドランド地方へのドライブの目的は、1950 年代半ばにこの車の開発に係わり、数千マイルを走破した人物に会いに行くことである。その人とは、"レジェンド"、ノーマン・デュイスだ。

彼はCとD、そしてEタイプを擁した栄光の時代にジャガー社のチーフディベロップメントテストエンジニアだった。デュイスは98歳になったが、どう見ても20歳は若く見え、この車そのもののように元気だ。ノーマンは1985年に引退した後、コヴェントリーからも遠くないシュロップシャーに住んでいる。現在でもデュイスはジャガー関連の活動を続けていて、1年の半分は外出している。

私たちは今回、彼がアリゾナでのC、Dタイプのイヤーミーティングに出発する直前に合流することができたのだ。コヴェントリーからそこまで
のルートは大変興味深い複合ルートで、混んだ街中、郊外の追い越し車線、高速道路、それに極めて英国的な田舎のワインディングロードを含んでいる。これらを本物のル・マンカーで行くわけだ。雨が降らないことを祈ろう。

編集翻訳:小石原 耕作 Transcreation:Kosaku KOISHIHARA Words:Mark Dixon 

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事