ランボルギーニ・カウンタックの“新車”?! | 走行距離たった200㎞の1台が千葉に

Photography:carsensor.net


スーパーカーの代名詞ともいえるランボルギーニ カウンタック。その中でも最終モデルの25thアニバーサリーは、オラチオ・パガーニ氏がエクステリアを改良したことも有名な、人気モデルだ。

そんなアニバーサリーの未登録車、つまり“新車”をカーセンサーnet.で発見した。

スーパーカーなどは購入後に登録せず保管した“新車”を見かけることがたまにあるが、カウンタックもバブルの影響などもあり国内でも何台かあったそう。とは言え、発表から約40年、アニバーサリー発表からでも約30年経過し、そんな希少車が市場に出てくることは稀と言ってよいだろう。

今回、カーセンサーnet.で見つけたカウンタックは1989年生産、走行距離約200kmでフルオリジナルのEU仕様。千葉にあるスーパーカー専門ショップのアルフレードで販売されており、当然ながら内外装はピカピカ、車載工具や各種書類などもすべて揃っているようだ。

気になる方はこちらでチェックしてみては如何だろうか。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事