富士スピードウェイに320台のフェラーリが集結!

コーンズ・サーキット・エクスペリエンス2017 開催! 約600名のフェラーリファンが全国から参加

DSC_7454.jpg

フェラーリの正規ディーラー、コーンズ・モータース株式会社は、年に 1 度のフェラーリの祭典「コーンズ・サーキット・エクスペリエンス 2017」を 5月28 日(日)、 富士スピードウェイで開催した。

IMG_1273.jpg

同イベントはコーンズ・モータースがフェラーリオーナーとその家族・友人のために毎年開催しているもので、今年で7回目を迎える。今回は、イタリア・フェラーリ社の公認オーナーズクラブであるフェラーリ・オーナーズク ラブ・ジャパン(以下 FOCJ)との初の共催で実施された。

IMG_1714.jpg

このイベントのために日本全国から富士スピードウェイに集まったフェラーリの数は、320台にも及んだ。

IMG_1745.jpgIMG_1953.jpg

その中には4月に日本に上陸したばかりのラ・フェラーリ アペルタや、5月23日に日本初公開されたばかりの812スーパーファストも含まれ、大きな注目を集めていた。

BE6I5477.jpg

サーキットで愛車のポテンシャルを引き出しスポーツ性能を楽しむ「フリースポーツ走行」や、比較的気軽にサーキット走行を体験する「アクティブファミリー走行」などの走行プログラムを実施。一般道ではとても引き出すことができないフェラーリのパフォーマンスを思い切り楽しめる貴重な機会に、参加者たちは皆心を踊らせていた。

BE6I2192.jpgIMG_1514.jpg

1996年のF1マシン、F310によるデモンストレーション走行も行われ、サーキットに自然吸気V10エンジンの耳をつんざくようなサウンドがこだました。

IMG_1845.jpg

さらに、ディーノ246GTやデイトナ、F40 といった希少なクラシケ・モデルによるパレードも行われた。

IMG_1373 のコピー.jpg

イベントにはフェラーリ・ジャパン代表取締役社長のリノ・デパオリ氏も参加。

IMG_1279 のコピー.jpg

フェラーリ・カリフォルニアをモチーフにした電動カートや、

IMG_1626.jpg

超精密なスケールモデル「アマルガム」の展示が行われるなど、フェラーリを愛するすべての人にとって楽しいイベントとなった。

BE6I3971.jpg

RECOMMENDEDおすすめの記事