「POWER IS NOTHING WITHOUT CONTROL」25年を迎えたピレリ

Pirelli

ピレリより、25年目を迎えたスローガン”POWER IS NOTHING WITHOUT CONTROL”を記念した2018年アニュアルレポートが発表された。

“Power is nothing without control” (コントロールを伴わないパワーは、意味を成さない)というスローガンは、25年間に渡って世界中のピレリブランドに寄り添ってきた。それを記念し、ピレリの 2018年アニュアルレポートでは、3人の国際的ライターによる随筆と、ビデオや画像によって、このスローガンの様々な解釈を紹介している。



このキャッチコピーは、アニー・リーボヴィッツ撮影による、赤いハイヒールを履いてスターティングポジションを取るカール・ルイスの写真とともに発表された。1994 年にテキサスで撮影され、今や伝説となっているこの写真は“Power is nothing without control”というメッセージとともにピレリの創造力を訴求し続けている。それは、人生において権力(power)へのコントロール(control)が不可欠であることと同様に、車をコントロールする上でのタイヤの重要性を示す言葉であるのだ。この言葉は、時代によって、また男性と女性によっても、様々な解釈が可能だろう。

ピレリ2018 年アニュアルレポートにおいて、3人の文筆家 Adam Greenfield(アダム・グリーンフィールド)、Lisa Halliday(リサ・ハルイディ)、J.R. Moehringer が、テクノロジー、スポーツ、カルチャーといったピレリが関連する領域におけるパワーとコントロールについての解釈を述べている。

テクノロジーの領域において、アダム・グリーンフィールドは次のように述べる。「パワーとコントロールの違いを把握することは、現代において非常に難しい問題です。現代の独創的なテクノロジーは、日ごとに我々にpowerを与えます。しかし、実際には、我々はそのパワーをコントロールする術を学んでいません」



J.R. Moehringer は、スポーツに関連する彼の寄稿の中で「我々は時として、偉大なアスリート、俳優、医師、起業家などのみが特別な力を授けられたのだと勘違いしがちですが、実は、誰もが特別なパワーを持っているのです。成功者は、それに対して持続性のある一貫したコントロールを行う方法を見出した人々なのです」と記している。

リサ・ハルイデイは、芸術と文化に関する寄稿 “Hurrying Slowly” の中で、次のように述べる。「芸術は、意識の中の旅です。これは、アーティストと鑑賞者、パフォーマーと観客、著者と読者など、それぞれ双方の立場に当てはまることです。そのような旅を推進するパワーは、コントロール無くして意味はありません。なぜなら、コントロールこそが、芸術的なポテンシャルに道を与えるからです」

オクタン日本版編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事