ザガート創業100周年に捧げるショパールの特別なモデル

Images: Chopard

4月13日、14日に世界遺産である京都の二条城で開かれたコンコルソ デレガンツァ 京都 2019。今年のメインテーマとされた「ザガート」と、ショパールの深い関係をご存じだろうか。ショパールのカール-フリードリッヒ・ショイフレ共同社長と、ザガートのアンドレア・ザガートCEOは、ショパールがオフィシャルタイムキーパーを務めるミッレ ミリアで出会って以来、友情を培ってきた。車に対する情熱、メカニックへの究極の美、そしてともにファミリーで経営する企業を率いる者としての絆を深めてきたのである。





今年100周年を迎えたザガートが記念行事として参加したコンコルソ デレガンツァ 京都 2019の場で、ショパールはザガートとのコラボレーションモデルを発表した。それが「ミッレ ミリア クラシック クロノグラフ ザガート 100周年 エディション」である。お披露目の場は、ガラディナーがおこなわれた世界遺産天龍寺。発表された新作タイムピースは、ザガートの創業 100周年を称えた100本限定エディションだ。文字盤にはザガートの「Z」のパターンがあしらわれ、赤いカラーリングはミッレ ミリアを駆けるマシンを連想させる。





このモデルは、コンクールでベスト・オブ・ショーを受賞したランボルギーニGTザガートのオーナーへのアワードとしても贈られた。



また、コンコルソ デレガンツァ 京都 2019の会場では、ザガートのチーフ・デザイナーである原田則彦氏によるデザイン・トークショーも行われ、大変好評を博したことも書き加えておきたい。



5月に開催された今年のミッレ ミリアにおいて、ショパールはザガートのレーシングチーム”スクーデリア スポーツ ザガート”のスポンサーを務めるなど、両者の関係はこれからもより一層深くなっていくことだろう。




ミッレ ミリア クラシック クロノグラフ ザガート 100周年 エディション
ステンレススティール製ケース、機械式自動巻きムーブメント/ケース径 42mm、厚さ12.67mm、50m防水、42時間パワーリザーブ/ザガートのZのパターンをあしらったレッドラッカー文字盤/「Zagato 100th Anniversary」のロゴをあしらったエキシビションバック/ブラックカーフスキンレザーブンドストラップ/世界限定100本、ショパール ブティックおよび一部販売店にて展開/価格:79万円(税別)
ショパール ジャパン プレス TEL 03-5524-8922
www.chopard.jp

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事