100台のシトロエンがパリの道400mを封鎖する!│100周年記念セレモニー

citroen

2019年で創立100年を迎えるシトロエンは、6月14日~17日にかけてフランス・パリを舞台にした記念式典「シトロエン・ボーン・パリXV」を行う。シトロエンらしい独創的なイベントとなるようで、パリ中心部のリノワ通りを400mに渡って封鎖するという。

この場所に、シトロエンの100周年を代表する100台の名車を展示。1922年にサハラ砂漠を走破したはじめての自動車である「K1 HP type B2」も複製され、姿を現す。



1919年に登場したタイプAにはじまり、シトロエン博物館であるコンセル・ヴァトワールが所有する車両や、コレクターが所有するシトロエン、最新のシトロエンモデルも展示される。


誰でも無料で、パリを埋め尽くすシトロエンを見ることができるが、パリにいない世界中の人々に向けてイベントのライブ配信を行う予定。パリにいる方は、ぜひ足を運んでいただきたい。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事