ランボルギーニ・ウラカンの飛行機誘導カーが導入される

Lamborghini

イタリアのボローニャ・ボルゴ・パニガーレ空港にて、ランボルギーニ・ウラカン RWDが飛行機を誘導する1台として導入された。

これは、2013年にランボルギーニ50周年を祝い、アヴェンタドールを空港に導入したキャンペーンに続く第二弾である。今回のウラカン RWDは、"follow me car"と呼ばれ、ライトバー、注意喚起のサイン、コントロールセンターとの通信機器も備わっている。



ボデイのグレーカラー、イエローのラインはランボルギーニデザイン部門がこのためにデザインしたものだ。認識をしやすいカラーで一定の速さもあるため、パイロットが飛行機を操縦しやすいようにと作られた。また、空港内にもウルスとアヴェンタドール SVJの展示もされているとのこと。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事