本国オーナーに聞いた、愛車との日常│45年前の車を普段の足に

Photography & Words:Tomonari SAKURAI

単なる移動手段から父から受け継いだというコレクションまで、現地でオーナーに聞いた、様々なシトロエンとの暮らし。

CITROËN 2CV4 Château de Champs-sur-Marne にて
1974年 Owner: Serge Noel NRULE


ムッシュ・セルジュ・ノエル・ヌルールは、奥さんと娘さんを連れて家族で登場してくれた。セカンドカーの2CVは、奥さんも娘さんの送迎や買い物まで、普段の足として愛用している。この2CVは、セルジュさんの父親から譲り受けたそうだ。当時、新車で購入して以来、ずっと乗り継いできている。2013年にフルレストアをして現在の状態になった。
 
家族でバカンスに出かけたりするだけでなく、2CVクラブのミーティングなどにも参加して楽しみ、クラブの仲間たちが何かトラブルに陥っても皆で面倒を見てくれると笑う。2CVは家族や仲間を繋いでくれる存在であり、人生を豊かにしてくれいるとセルジュさんは続けた。


 
この日セルジュさんの首からにはライカのカメラが下がっていた。実はライカも父親から譲られたもので、M型からR型とかなりのコレクションをお持ちらしい。セルジュさんの父上は相当の趣味人のようで、セルジュさんはそのコレクションと血を受け継いだように見えた。

写真、文:櫻井朋成 

RECOMMENDEDおすすめの記事