公道走行可能なBMWの本格的なサーキットモデル登場

BMW

BMW Mのフラッグシップ・モデルとなる新型 BMW M8が登場。BMW M 独自のクロス・バンク型ツインパワー ターボテクノロジーを採用したV型8気筒エンジンは最高出力625PSを実現する。

ダイナミックで優雅な外観とパワフルな走りだけでなく、M xDrive(ドライブロジック付き8段Mステップトロニック・トランスミッションおよび後輪駆動を重視した4WDシステム)や M インテグレーテッド・ブレーキ・システム等、サーキット直結の最先端テクノロジーにより、ピュアスポーツカーの力強さを楽しむことができるレーシングモデルだ。



そのパワーは、最高出力460kW(625PS)/6,000rpm、最大トルク750Nm/1,800-5,800rpmを実現すると共に、0-100km/h加速は、3.2 秒を達成。ダブルバー キドニー グリルや、ボディ側面のエア・ブリーザーに装備されたMギルなど、BMW M モデルの象徴的な装備も採用されている。

そして、BMW M モデルの特徴でもある、エンジンレスポンス、ステアリング、サスペンション特性をドライバーが任意に設定変更できる機能に、新たにブレーキ・システム設定の変更が追加された。同じく新システムとして、センターコンソールに「M MODE(M モード)」ボタンが追加された。これにより、メーターパネル、ヘッドアップ・ディスプレイの表示方法や、運転支援システムの介入レベルをロード、スポーツ、いずれかのモードに変更することが可能となった。



新型 BMW M8 で初めて採用された M 専用インテグレーテッド・ブレーキシステムは、アクセル全開時の高負荷条件下でも優れた安定性を実現するように開発されたもの。これは、ブレーキの作動、ブレーキブースター、ブレーキ制御の各機能をコンパクトに統合すると共に、非バキューム式のブレーキブースターを採用することで、約2kg の重量削減を実現している。ブレーキ圧は電動アクチュエーターによって生成され、より素早く正確な制御が可能となっている。

さらに、インテグレーテッドブレーキシステムによって、ドライバーは任意に車両の減速度を調整することが可能となり、あらゆる状況でドライバーが思い描くペダル・フィーリングを実現することができるのだ。



より快適性を重視したコンフォートモードと、素早い反応を重視したスポーツモードの2種類のペダルモードの設定され、車両を減速させるのに必要なブレーキペダルの踏み込み量を変更することが可能となっている。そのため、濡れている路面や、横方向の加速度が大きい、ブレーキ温度が高い、といった状況下でも、ブレーキペダルの感覚を一定に保ち、常に正確な制動力の制御が可能となっている。

オクタン日本版編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事