ナイジェル・マンセルの愛機がオークションに│推定落札価格は?

Bonhams

F1とCARTのチャンピオンを2年連続で獲得した唯一のドライバーであり、国際モータースポーツ殿堂入りも果たしているナイジェル・マンセル。彼が1992年のF1世界選手権を制した際にステアリングを握っていた歴史的なマシン ウィリアムズ FW14Bが、明日開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードのオークションにて出展される。

すべての写真を見る

このマシンは、F1の歴史に残るデザイナー エイドリアン・ニューウェイが空力を意識して設計したもの。革新的なアクティブサスペンションシステム、RS3C/RC4と名付けられたルノー製の3.5リッター V10エンジンをを搭載し、数々の素晴らしい成績を残してきたのである。



今回出展されている車両は、1992年シーズンの世界選手権のうち13戦を戦った1台。このうちの7戦をナイジェル・マンセルが駆け抜け、優勝5回、2位1回という成績をあげた。ボナムスのスペシャリストによると、「ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリングが保管していたが、個人所有者の手に渡った。当初より大切に管理されていたため、コンディションは良好」とのこと。それを象徴するように、今も走行可能な状態で実際に走らせているという。

ボナムスのモータースポーツ担当ディレクターであるマーク・オズボーンはこうコメント。「愛国心に溢れていた若い頃は、カリスマ性に満ちたウィリアムズの英国製マシン、特にレッド5(FW14Bの愛称)へは尊敬を抱いていました」

「このシャシーナンバー8のレッド5は大いなる讃美を浴びてきたマシンの中でも、最高の1台です。マンセルはこれを走らせてシーズンはじめに5連勝を挙げるという成績を残しました。FW14Bは今でも、最も高機能なF1マシンのひとつであり、ボナムスがモータースポーツにおいてこれほど伝説的なマシンの競売を委託されたことは名誉です」

推定落札価格は300万ポンド(約4億2600万円)となっている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事