東京の多様性とロールスロイスを写す│写真展「ブラックバッヂ:東京アフターアワーズ」開催

Rolls-royce

日本、イギリス、シンガポール、3つの国から集まった写真家が、東京の夜に溶け込むロールスロイスを写した写真展「ブラックバッヂ:東京アフターアワーズ」が開催。7月13日まで、ロールスロイスが並ぶロールスロイス・モーターカーズ 東京のショールームにて開かれている。

東京が持つ楽しさや、驚き、希望、などが堂々と現代の社会に佇むロールスロイス・ブラックバッヂと混ざり合い、独特な世界を生み出している。この展覧会では、ドーン、レイス、ゴーストの3台にフォーカスされ、インターナショナルなレンズを通してその世界が表現される。展示されている写真作品は2017年から2019年にかけて撮影され、そのすべてが一ヵ所に集まるのは今回がはじめてだ。



日本からは小川義文氏、イギリスからは過去にロンドンで"ファントム オフデューティ"シリーズを撮影したマーク・リッチョーニ、シンガポールからはダレン・チャンが参加し、大黒ふ頭や高速道路などを舞台にロールスロイスを撮影した。

ロールスロイス・モーターカーズのアジア地区ディレクターを務める、ポール・ハリスは「ゴースト、レイス、ドーンどのモデルを取っても40%は日本にデリバリーされています。クリエイティブなマーケットや伝統が混ざっている東京の多様性が、ロールスロイスを支持していただく理由にもなっているのだと思います。ブラックバッヂのエッセンスを東京で美しく撮影してくれた3人のフォトグラファーに感謝します」とコメント。

ロールスロイス・モーターカーズ 東京
〒105-0014 東京都港区芝2-7-17
TEL: 03-6809-5450

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事