オークションのため特別に製作された、一点物のクロノメーター FB 1 ナイトスター

2019年11月9日にジュネーブで開催されるチャリティ・オークション"オンリーウォッチ"に、クロノメトリー・フェルディナント・ベルトゥーが初参加する。このオークションのために「クロノメーター FB 1 ナイトスターが製作された。

第8回を迎えるイベントのため特別に製作された、一点物のクロノメーター FB 1 ナイトスターが提供される。現在、不治の筋委縮の一種であるデュシェンヌ型筋ジストロフィーの研究に使われる支援基金のため、2019年11月9日、ジュネーブのクリスティーズによりこの時計がオークションにかけられる。

FB 1 ナイトスター は、サンドブラスト仕上げを施しダークグレーのセラミック加工チタン製ケースを備えています。この加工により独特の外観をもたらし、通常のチタンの 4倍の硬さとなる。

このユニークピースの概念の中心にあるのは、様々な色の組み合わせだ。クロノメトリー・フェルディナント・ベルトゥーでは初めて、針と数字にスーパールミノバが用いられた。この発光性の素材には、外装の暗いトーンと美しいコントラストを織りなす白色のものが選ばれ、夜空の星の光を再現している。

歴史的に星は大洋上で航海士の位置を知らせるための目印であり、海上での経度を計算するフェルディナント・ベルトゥーの研究から設計された FB 1 コレクションの源流を想い出させる。

そして、象徴的に白いスーパールミノバは、デュシェンヌ型筋ジストロフィーに対する闘いを突き動かす希望の光を想起させるのだ。

クロノメーター FB 1 -ナイトスター :
リューズにセットされたブラックセラミック製メダルは、最近のマニュファクチュールのモデルで採用されるブラックグレイン仕上げが施された文字盤と調和している。ケースバックでは、クロノメーター FB 1 ナイトスターに面取りされた3つのサファイアクリスタル製ハーフブリッジが採用され、フュゼ・チェーン式伝達機構でダイレクトセコンドのトゥールビヨンを備えるブラックロジウムカラーのムーブメント全貌を見ることが出来る。

オークションで落札されるユニークピース作品をこの団体に提供するマニュファクチュールのサポートによって、2005 年の設立以来、オンリーウォッチは4千万フラン以上を集めた。このようにクロノメトリー・フェルディナント・ベルトゥーは、第一回からこの慈善イベントに参加しているショパールグループの考えを確固たるものにする。

"今なお、子供や大人を苦しませる病気の科学的研究の大義を支援することを、私たちは大変嬉しく思っています"と、ショパール共同社長兼クロノメトリー・フェルディナント・ベルトゥー社長を務めるカール-フリードリッヒ・ショイフレは語る。 

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事