カルティエの伝統 メンズウォッチコレクションに新モデル登場

カルティエのメンズウォッチコレクションである「サントス ドゥ カルティエ」に新作が登場した。コレクション名の"サントス"は、航空界のパイオニアである飛行家、アルベルト・サントス=デュモンに由来している。

1940年のオリジナルモデル登場以来、シンプルで実用性を持つという理念を忠実に受け継ぐコレクションの新作には、アリゲーターストラップがあわせられている。ゴールド製、ゴールド/ステンレススティール製、あるいはステンレススティール製から選ぶことができるケースとベゼルを飾るビス、文字盤にはローマ数字が並び、リューズにはパール状の装飾があしらわれている。

約6年間の連続作動能力を誇る高性能クォーツムーブメントを採用し、従来の2倍のパワーを発揮する。サントスは“スピード”を挑戦のひとつとしており、正確な記録測定のための腕時計が必需品であった。新作クロノグラフでは、スタート/ストップ プッシュボタンを9時位置に1つ備えて、リセット機能をリューズで直接操作することを実現している。これによりデザインが軽やかになると同時に、時計操作も自由化されているのだ。


また、快適な着け心地を実現した新バックルも魅力だ。プッシュ式開閉システムと軽量板バネを搭載しており、ストラップ交換を簡単に行える実用性を持つ。

夜の空も征服すべきと考えていたというサントスの想いを反映させた新作こそがスケルトンモデルだ。スケルトンの文字盤に配されたブリッジには、発光塗料であるスーパールミノバが施されており、暗闇で光を放つようになっている。光で照らすことなく、自らが光を放つことで時を知らせる。


【詳細】
サントス デュモン 37万円~
サントス ドゥ カルティエ クロノグラフ 97万円~
サントス ドゥ カルティエ スケルトン 275万円~

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事