認定中古車「シトロエンセレクト」が人気の理由

厳しい基準をクリアした車のみが販売される認定中古車「シトロエンセレクト」。2013年の制度変更後、毎年10%以上の販売増を続ける人気の理由を認定中古車を担当する寺田弘史さんにお聞きした。

「シトロエンセレクトは2013年の秋に思いきった制度改革を行いました。それ以降、お陰さまで販売台数は毎年10%以上の伸びを記録しています」と語るのは、プジョー・シトロエンの認定中古車担当・寺田弘史さん。改革の目玉は認定中古車の対象となる車両の経過年数を、それまでの「初度登録から7年以内」から「9年以内」に拡大したことだ。

「弊社では認定中古車のカテゴリーを2つに分けています。ひとつは『初度登録から5年以内』で、もうひとつが『5年から9年以内(※2013年9月までは7年以内)』です。
 
5年以内のカテゴリーについては後述しますが、それまでの『5年から7年以内』は訴求力が若干弱かったんですね。具体的には、一般の中古車販売店さんが売る同年式車よりどうしても高額になってしまう、ということです。正規店としての徹底的な整備を行ったうえで1年間の保証も付けるという意味で、避けることのできない問題でした。
 
しかし制度改革時に保証内容を若干調整したことで、"高品質でありながら競争力のある価格"を実現できるようになったのです」
 
それは保証レベルが下がったということ?「そうではありません。主要部分の内容はいじっておらず、特に『エアコンにも1年間の保証が付く』という美点はいっさい変えていません。若干調整させていただいたのは、一部の消耗品に関係する規定だけなんです」

紙幅の関係で詳細は省くが、聞けばこの5~9年以内のカテゴリー、かなり魅力的な内容だとしか言いようがない。「また5年以内のカテゴリーも実は2つに分かれていまして、1~2年以内のそれは非常に良コンディションな元デモカーが豊富ですし、2~5年以内のそれは機械として本当に油がノッている時期。社内用語で言う損害率(不具合報告の率)が極端に低いのが、この2~5年以内というカテゴリーなんです」
 
そのほか、かなり融通が利きまくるローンシステム「シトロエン・バリアブル・プラン」や1.9%の特別低金利など、現在のシトロエンセレクトにはここで紹介しきれない魅力がたくさん。興味がある人はぜひ一度、近隣の正規販売店でさらなる詳細を確認してほしい。

文:谷津正行 写真:佐藤亮太 Words:Masayuki TANITSU Photography:Ryota SATO

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事