オリンピック開催記念 オメガの2020本限定ウォッチ登場

オメガより、2020年開催されるオリンピックを記念した2本のタイムピースが発表された。オメガは1932年より、28大会においてオフィシャルタイムキーパーをつとめてきており、歴史にその名を刻む偉大なアスリートたちの夢を記録し、さらにスポーツの世界における計時技術の進化、発展に深く関わってきている。そして、2020年7月24日に開幕する東京2020オリンピックでも、オフィシャルタイムキーパーとして29回目の大会を迎え、ブランドが誇るレガシーにまたひとつ新たな歴史を刻むのだ。

そして、今回発表されたアイテム シーマスター アクアテラは、陸で、そして水中で美しく躍動する。このスポーティな東京2020 モデルには、同シリーズ初となるセラミック ダイアルを採用。ポリッシュ仕上げのブルーダイアルには、東京2020オリンピックエンブレムにインスパイアされた模様が、レーザーエングレーブで施されている。



またステンレススティール製のシンメトリーの41mmケースに、東京2020オリンピックエンブレムが描かれたサファイアクリスタルのケースバックも、このモデルならではの特徴だ。

世界限定2020本の時計には、ブルーのラバーストラップがセットされており、特製ボックスには付け替え用のステンレススティール製のブレスレットも入っている。ムーブメントはオメガ マスター クロノメーターキャリバー8900 が搭載されおり、スイス時計業界における最高水準の正確さと耐磁性を備えている。まさにオフィシャルタイムキーパーだからこその性能と言えるものだ。

また、日本仕様のシーマスターも製作された。ステンレススティール製の 39.5 mm ケースには、リキッドメタルTM製のダイビングスケールが付いたホワイトセラミックのベゼルリングが備わっている。東京2020オリンピックの開催年にちなんで、ベゼルの 20 の数字が赤いリキッドセラミックで彩られている。



さらにポリッシュ仕上げのホワイトセラミック ダイアルに、東京仕様のロリポップ秒針をセット。日本の国旗をイメージし、先端部分のドットが赤く仕上げられた美しいデザインだ。

このモデルも世界限定 2020本で、ムーブメントはマスター クロノメーター キャリバー8800 を搭載し、サファイアクリスタルのケースバックには東京 2020 オリンピックエンブレムが描かれている。ホワイトレザーストラップに加え、付け替え用のステンレススティール製ブレスレットと NATO ストラップも特製ボックスに収められている。

シーマスター アクアテラ 東京 2020 リミテッド エディション:67万円(税抜)
シーマスター プラネットオーシャン 東京 2020 リミテッド エディション:80万円(税抜)

オメガ

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事