新開発水冷ボクサーエンジンを搭載│BMW R 1250 R及びBMW R 1250 RS発表

BMW

BMWは、新開発ボクサー・エンジンを搭載したロードスター・モデルである新型BMW R 1250 R、スポーツ・ツーリング・モデルである新型BMW R 1250 RSを、8月23日(金)より販売開始する。

2つの新型モデルは、50ccの排気量アップに加え、新しくBMW シフトカムテクノロジーを採用した新開発の水冷2気筒水平対向ボクサーエンジンを搭載している。BMW シフトカムとは、5,000rpmを境として、低回転領域と高回転領域における吸気側のバルブタイミングを切り換え、混合気の充填効率を向上させる可変バルブタイミング機構のことである。これにより、低速時のコントロール性を向上させると共に、加速時には、アクセルをわずかに開けた瞬間から力強いトルクを発生させ、最高出力136PS(100kW)/7,750rpm、最大トルク143Nm/6,250rpmを実現している。



この新型モデルには初めて、高品質でデザイン性に優れたカスタマイズ・プログラムのパッケージであるオプション 719をラインアップに加えている。これは、より個性的で品質の高いデザインをまとった一台を提供するプログラムであり、光の加減に応じて色味が変化する塗装や、ステンレス製で上質かつ軽量化されたエンジン・スポイラーやタンクカバー等が装備される。



また、本モデルも他のモデルと同様に装備されているETC 2.0のほか、個別設定可能なDynamic Proを加え4つの走行モード、ABS, DTC (ダイナミック・トラクション・コントロール)、ヒル・スタート・コントロールも標準装備される。

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
BMW R 1250 R: 191万7000円
BMW R 1250 RS: 209万円

オクタン日本版編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事