マラネロの学生が製作したソーラーカー│フェラーリ・ミュージアムに展示

Ferrari

マラネロのフェラーリ・ミュージアムにて、"ソーラー・チャレンジ"をテーマにした学生コンペティションが展示の一環として開催されている。

ボローニャ大学などの協力を受け、同じくマラネロにある"Alfredo Dino Ferrari Higher Education Institution"の生徒によって製作されたものが最も新しい作品となる。このソーラーパワーで走る4シーターの車は、2019年10月に開催されるブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ2019でオーストラリアを横断するとのこと。



他にも、アメリカのコンペティションにて唯一ヨーロッパから参加し、優勝に輝いたEmilia 3なども並んで展示される。 

この展示は、1963年にエンツォ・フェラーリが若しい世代に、自動車に関する特別な教育を行う場として設立した"Alfredo Dino Ferrari Higher Education Institution"とマラネロのつながりを示すために開催されているもの。

ミュージアムのコンベンションセンターにて8月1日~15日まで行われ、観覧料は無料。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事