3億円を超える? 800馬力で公道走行可能な市販車スーパーカー登場

Pagani automobile

パガーニは、2019年8月18日に開催される第69回ペブル・ビーチ・コンコール・デレガンスで「パガーニ史上、もっとも高価な」限定版モデル「ウアイラ ロードスター BC」を展示する。

​その価格は約3億8000万円というプライスタグが掲げられ、ワンオフではないクルマとしては自動車業界中でも高価な部類になる。ウアイラ ロードスター BCに採用されるエンジンはAMGから供給を受けた6リッターV12ツインターボで、出力は800馬力。これはクーペ版のウアイラBCに比較しても11馬力高い出力となり、その価格を正当化する要素の一つでもある。最大トルク1,050Nm以上で、回転毎分2,000rpm。このカテゴリーで最も優れたパワーウェイトレシオ(重量出力比)を誇る。



ウアイラ ロードスター BCは、オープンモデルにも関わらず「クーペよりもスパルタン」ということになるが、パガーニいわく、コーナリング時における横方向のGは「最大1.9」。それだけのグリップを(メカニカルグリップ、ダウンフォースにて)発揮するということを意味している。市販車でもっとも高いレベルのGを誇るとされる、ブガッティ・シロンは「1.5G」であることを考えると、ウアイラ・ロードスターBCの数値はそれ以上と言えるレベルかもしれない。

そのスタイリングは、ゾンダの正常進化と呼べるもの。エアロダイナミクス性能を磨き上げるとともに、カーボンとチタニウムを組み合わせたモノコックフレームを新開発。車両重量は1250kgに抑えられている。



"新しい芸術作品を夢見る、燃えるような欲望:パガーニの新しいクリエーション" これが、2017年に「ウアイラ ロードスター BC」のアイディアが生まれた原動力であった。ディテールとデザインを追求した、夢の研究プロジェクトが開始されたのだ。そして、今日の最先端技術とロードスターを運転する唯一無二のセンセーションが融合し、高い独自性と公道走行可能なパガーニのハイパーカーが誕生した。

パガーニのDNAの鍵となる概念に共鳴し、最新技術によって導き出されたロードマシン。ほんの数マイルの走行後には操縦を習得し、パフォーマンスに影響を与えずに完全なオープントップの経験を楽しむことができる直感的で運転しやすい車だ。



エアロダイナミクスから外側と内側のデザイン、そして細部に至るまで、ロードスターBCの化学的性質と高度な複合材料の組み合わせは前例がない。
 
対的なパフォーマンス、スピード、デザイン、そしてスタイルの前には「安全性」が存在する。これこそがパガーニの課題であり、挑戦し続けることであるという。

 

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事