「普通にいい」走りも魅力の一つ|DS3クロスバック

Photography:Octane Japan

アヴァンギャルドなフレンチ・ラグジュアリー、DSブランドのオリジナルモデル第2弾が、FFのコンパクトSUV、DS3クロスバック。DSらしい凝った仕立てに最新テクノロジーを備えて登場した。DSは2014年にシトロンから独立したブランドで、2018年に登場したDS7クロスバックがオリジナルモデルの第一弾となる。

今回の試乗会は、こだわりのセレクトショップやカフェなどが裏道などにも点在する代官山を起点に開催された。夕方からのナイトセッション(通常は行われないことが多い)も設定されており、都会の情景でスタイリッシュなDS3クロスバックを、という趣向であろう。なるほど、目線の高いコンパクトカーは細い道の多い都会で便利であるし、全長1550mmならば立体駐車場にも対応可能だ。




立体的な造形のグリルやBピラー(シャークフィン)のデザインなどスタイルはもちろん、15のクラスターでハイビームを自動調光するDSマトリクスLEDビジョンをはじめ、最新のテクノロジーを融合させたことも、DSブランドのアヴァンギャルドらしい所。キーを持った人が1.5mまで近づくとドアハンドルがせり出すリトラクタブルドアハンドルも採用する。




インテリアも、ダイヤモンドパターンを組み合わせたセンター部のデザインや、スイッチに用いられたクル・ド・パリ(ギヨシェ彫り)など、コンパクトモデルとは思えない凝った仕立てとされた。

「フランスのメゾンブランドに触れてきた人たちの審美眼にかなう質感を備える」と謳われているためか、試乗会でも女性優先枠が設けられるなど、女性にもうける仕立てということであろう。フランスのオーディオブランド、フォーカルのオーディオを用意し、ソフト面までフォローしている。

プラットフォームは新世代モジュラー構造のCMPを初採用している。Bセグメントと一部のCセグメントに用いられる新設計のプラットフォーム、今後登場するであろうEVモデルにも用いられる予定とのこと。これに対し、C、Dセグメントに用いられるEMP2はプラグインハイブリッドに使用されていくそうだ。

ラグジュアリーモデルに重要な先進運転支援機能も充実。アクティブクルーズコントロールとレーンキーピングアシストを統合したDSドライブアシストが、DS7クロスバックからさらに進化。サイクル検知機能の追加や、夜間の認知性能が高められている。今回は試すことができなかったが、レーンポジションキープなどもさらに進化しているとのことだ。ちなみにPSAグループのアシストは、レーンの中心だけでなく、状況やドライバーの好みに合わせて左右によって走ることができることも魅力である。





走りは“普通に”良い印象だ。インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを4年連続で受賞した1.2Lの3気筒ターボに、セグメント初の8段ATを組み合わせる。3気筒だけに走り出しなど少しモタつく場面もあるものの、普段使いには必要十分。スポーティとまでは行かないものの、穏やかで伸びのある走りはDSブランドらしいのではないだろうか。目線の高さやコンパクトさに加え、最低地上高が少し高い(185mm)のも街中ではうれしかったりもする。試乗後にその感想を広報担当氏に伝えた所、「それはDSではとても嬉しい感想ですね。ブランドとして見た目だけとは思われたくないので」とのこと。スタイルコンシャスな車こそ、実は走りが重要である。


DS3クロスバック(So Chic)
ボディサイズ:4120×1790×1550㎜
ホイールベース:2560mm
車重:1270㎏

駆動方式:FF
変速機:8段AT
エンジン:直3 DOHC ツインターボ

排気量:1199cc
最高出力:130ps/5500rpm
最大トルク:230Nm/1750rpm
本体価格:357万円






RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事