ジャガーの歴史に残るデザイナーが語るXJ6の素晴らしさとは?前編

Photography: Paul Harmer

ジャガーのデザイン・ディレクターを務めた伝説のデザイナーであるイアン・カラムは、XJ6にその素晴さを取り戻させるのに何年も費やした。

長い年月をかけたイアン・カラムのジャガーに対するこだわりがあり、彼はXJとそのデザインの重要性について強い見解を持っている。何であるのか、どうあるべきか。加えて、彼が1968年のXJ6の発表を覚えているのには、いくつか理由がある。ダンフリース出身のある少年が将来進みたい道を決め、それを実現するために行動を起こした直後のことだったのだ。

「私は13歳の時、ビル・ヘインズにいくつかのスケッチと、『どうやったら車のデザイナーになれますか?』と書いた手紙送ったんだ。当時、誰も車のデザイナーになる方法について知らなかったからね。信じられなかったけど、彼は本当に返事をくれた。見習いとして働いて、エンジニアリングを勉強しなければならないと説明してくれた。それは自分がやりたいことではなく、車の外観をデザインしたいのだとと伝えた。しかし、それはサー・ウィリアムズ・ライオンズの仕事であって、他の人たちがすることではなかったんだけどね。1968年3月1日に返事を書いたよ」と彼は説明する。

最初のXJ6シリーズは、多大な期待を受けて発表され、若かりし頃のカラムは強い興味を持った。彼の期待が裏切られることはなかった。

「僕はすっかり魅せられてしまった。当時でも、その車のプロポーションはとても刺激的だというのがわかった。ライオンズは、スポーツカーとセダン両方のマーケットに適した車を作ろうとした。MK10はかなり車高の低い車だったけど、とても大きな車だった。しかしXJ6は、スポーツ性とラグジュアリーの両方を非常にうまく兼ね合わせていて、ジャガーを象徴する典型的なものとなった」

「同じ頃のメルセデスと比べてみると、いかにそれが先鋭的であったかがわかる。低いボンネットを持つ車としては、全く新しいタイプの形だった。こんなに低いボンネットの下にV12を上手く収めることが出来たことは、本当に信じられない。Mk10を進化させたものなのだけれど、プロポーションはとことん美しく、全く違うものであったんだ」

Words: James Elliott   翻訳:古川浩美(Ruote Leggendarie)

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事