デロリアンやバットモービルが目の前に!クエイルに展示された映画のスター車両

Octane Japan

モントレー・カー・ウィーク中の2019年8月16日に開催されたクエイル・モータースポーツ・ギャザリング会場内に、ひときわ目をひくユニークな展示車両の一群があった。

これはロサンゼルスのピーターセン自動車博物館が出展したハリウッドを象徴する7台。1985年の映画「バックトゥザフューチャー」に登場したデロリアンタイムマシン(写真上)をはじめ、映画界のスター車両ともいうべき車両が並んだ。

1989年「バットマン」でマイケル・キートンが運転したバットモービル。


ビートル好きにはあまりに有名な2005年「ハービー」の1961年ラブバグ。


60年代のTVアニメシリーズ「Speed Racer(日本のマッハGoGoGo)」を実車映画化した1999年マッハ5プロトタイプレースカー。


これまた有名なビートル、「オースティン・パワーズ」に登場する1998年VWビートル「Shagmobile」。


ミュージカル映画の傑作「グリースド・ライトニング」に登場した1940年代のフォード。


1950年代の西部劇TVシリーズ「ロイ・ロジャース・ショー」1946年「ネリー・ベル」ジープ。


ピーターセン自動車博物館では、現在「HOLLYWOOD DREAM MACHINES - VEHICLES OF SCIENCE FICTION AND FANTASY」と題した企画展を開催中。クエイルロッジに展示されたデロリアンのほか、トランスフォーマーに登場するバンブルビーや、ブレードランナー、ロボコップなどの車両もじっくり見ることができるので、こちらもぜひ訪れてみてはいかがだろうか。


オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事