フィアット創業120周年記念モデル登場│ブランドのヘリテージへのオマージュ

FCA

フィアット・チンクエチェントに、フィアットの創業120周年を祝う限定車 500 スーパーポップ・チェントヴェンティが登場。

500 スーパーポップ・チェントヴェンティは、フィアットが創業120周年を迎えたことを記念して設定される限定車である。歴代500はイタリアのモータリゼーションの拡大に大きく寄与するとともに、世界各国で親しまれ、ブランドの発展に大きく貢献してきた。



今回の限定車は、そうしたブランドのヘリテージにオマージュを捧げているものだ。 車名に冠する「チェントヴェンティ」は、イタリア語で“120”を指し、ブランドの120周年を祝福するモデルであることを示している。フロントフェンダーならびにリアゲートには、ブランドカラーであるボルドーを基調とし、「120 Centoventi」の文字とともに、1899年にフィアットが最初に世に送り出したモデル「FIAT ③1/2 HP」を描いた専用ステッカーがあしらわれる。



限定車は「1.2 Pop」をベースとしており、レザーステアリングホイール(オーディオ/ハンズフリーコントローラー付)やマルチファンクションディスプレイ、Apple CarPlay / Android Auto対応の7インチタッチパネルモニター付インフォテインメントシステム「Uconnect ®」などを標準装備している。

エンジンは、START&STOPシステム(アイドリングストップ)付の1.2リッター直列4気筒ユニットを搭載し、ATモード付5速シーケンシャル 「デュアロジック」が組み合わされる。

当限定車の車両価格は184万円(税込)とよりお買い得な設定を実現。用意されるボディカラーおよび各色の販売台数は、ボサノバ・ホワイト(限定120台)、 パソドブレ・レッド(同60台)、ミント・グリーン(同60台)。

2019年9月7日(土)より、全国のフィアット正規ディーラーにて240台限定で販売される。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事