カッシーナ・イクスシー 自分のライフスタイルにフィットする家具をコーディネート

2019年10月3日(木)より、カッシーナ・イクスシー青山本店において「ALTA MODA(アルタ・モーダ)―DRESS-UP !」と題した新作展示が行われる。

イタリア語で「オートクチュール」を意味する、「ALTA MODA(アルタ・モーダ)」。真のオートクチュールとは、クチュリエが特別な顧客のためにデザインするオリジナルの衣装で、生地はもちろん仕立ても含め最上級の完成度を誇る。カッシーナ・イクスシーでは、それぞれユーザーのライフスタイルに合わせて家具の仕様や張地を選び、テキスタイル、照明、ラグ、アート、雑貨などのデコレーションアイテムまで丁寧にセレクト。プレタ・ポルテ(既製品)ではないその人だけの特別なコーディネート、まさにインテリアのオートクチュールを提供している。



2019年4月にミラノで発表されたCassinaのソファ<DRESS-UP!(ドレスアップ)>のお披露目となる今回の新作展示会は、ファッションで自分らしさを表現するように、インテリアでも自分のライフスタイルにフィットするオリジナルのコーディネートの過程を楽しんでいただけるよう、展示構成される。ラグやベッドリネン、生活雑貨の新作が多数揃う。大きな家具を買い替えずとも、テキスタイルや小物でテイストを変えたり、秋冬の雰囲気を足したり、店内のディスプレイから自宅のインテリアのアイディアを持ち帰っていただけるよう、カッシーナ・イクスシーでは幅広いアイテムラインナップとともにコーディネートの相談を承っている。

青山本店2階のアート・ギャラリーDELL’ARTE(デラルテ)では、ガラス作家 家住利男の展覧会を開催。家住利男は積層の板ガラスを素材にしてダイレクトカービングという技法と理論に基づいて作品を制作し、この世界で一人者という評価を国内外で獲得してきた。それは単なるガラスの塊の加工では得られない、積層が果たす美しさーいわば織りなす光の解析とも言うべく-時に摂理を以て、時に自在な輝きを放ち、対峙する者をとらえる。見ると同時に触る、探るといった体の疼きさえ誘い出すものだ。



本展では制作過程の作品、試作品も展示し、エレガントな光を放つまでの工程をご覧いただける。それは次第に作品がドレスアップされていくことに他ならず、「ALTA MODA-DRESS-UP!」のテーマに適うものでもある。

新作展示「ALTA MODA-DRESS-UP!」
青山本店・福岡店 2019年10月3日(木)~11月5日(火)
名古屋店・大阪店 2019年10月10日(木)~11月12日(火)

http://www.cassina-ixc.jp

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事