世界一速い車がブガッティの1台に!最高速度 490km/hのパフォーマンスを発揮

Bugatti

ブガッティ・シロンの新型プロトタイプが、世界最速記録を更新した。その速さは驚異の490km/hに達し、これまでトップの座にいたケーニグセグ・アゲ―ラ RSが持っていた446km/hの記録を大きく上回る結果となった。

ロングテールのボディにどのようなモディファイが加えられこの結果を出すことができたのかはまだ公表されていないが、世界中を圧倒させるニュースとなったことは違いない。



ブガッティ代表のステファン・ウィンケルマンは、「素晴らしい記録です!300mphを達成したはじめての自動車メーカーとなる過程を非常に楽しむことができました。チーム全員と、このシロンを操って最大のパフォーマンスを発揮させたアンディ・ウォラスに感謝します」とコメント。



トランスミッションとギアボックスは標準のシロンと同様で、エンジンは先日発表された110周年記念車 チェントディエチと同じものを搭載し1600馬力を発揮する。

スピードには価値を置かないという考えも自動車業界では広がっており、ブガッティもこれ以上速さを追い求めることはしないと発言している。しかし、300mphをさらに超す記録を叩き出す自動車がいずれ登場するだろう。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事