ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリがリニューアルオープン

二ヶ月半に亘る改装工事を行い、館内1階「ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ」のデザインをアップグレードするとともに「チョコレートアトリエ」を新設し、2019年9月20日(金)に“1日を通して楽しめる カフェ”として新たなスタートをきる。

ザ・リッツ・カールトン東京では、2014年から館内の客室やクラブラウンジ、宴会場やチャペル、スパに加え、各レストランとバーの改装を行ってきた。今回の改装をもって、2007の開業以来、館内全ての施設の改装を終える。今回もデザインと設計を担当するのは、世界中のラグジュアリーホテルやレストランのインテリアデザインを手がける建築家、小市泰弘氏が率いる「デザインスタジオ・スピン」。ザ・リッツ・カールトン東京では「East meets West(東洋と西洋の融合)」を共通のテーマとしており、「ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ」では、グレーやブラウン、深いブルーなどの落ち着いた色味を用い、木材や革、石などの異素材を組み合わせ、ホテルの位置する六本木という国際的なロケーションにふさわしい、まさに東洋と西洋が融合したデザインとなっている。

さらに、店内にはガラス張りの「チョコレートアトリエ」が新設される。これまでも人気であったホームメイドチョコレートだけでなく、新たに登場するチョコレートケーキやドリンクなど、ゲストの目の前で仕上げられる。

新テーマである“1日を通して楽しめるカフェ”をもとに、東京ミッドタウンのショッピングエリア、キャノピー・スクエアに面した便利なロケーションに位置する「ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ」では、ゲストの皆様にあらゆるシーンでお楽しみいただけるよう、様々なメニューが用意される。

毎朝ホテルで焼き上げるクロワッサンと淹れ立てのコーヒーを気軽に楽しむ、「グラブ・アンド・ゴー」スタイルの朝食のほか、軽めの朝食やヘルシー志向の方へフルーツ、野菜、豆乳や、低脂肪乳で仕上げるフレッシュスムージーも提供。ランチタイムには、モダンにアレンジしたコンフォートフードとドリンク付きのランチセットを楽しむことができる。

また、午後からはリニューアルオープン以前より人気が高いケーキセットをはじめ、12種類のペストリー、豊富な種類の紅茶やコーヒー、季節に合わせたチョコレートドリンクやサンデーなどを味わうことも。終日店内では、贈り物に最適なホームメイドチョコレートや紅茶セットなどを取り揃え、充実したギフトセレクションを利用いただける。

また、「ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ」ではリニューアルオープンに合わせて新たなメニューを用意している。メニューの概要は下記のとおり。

■ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ 新メニュー

『スモーク・チョコレートケーキ』料金:900円
1日20食限定のチョコレートケーキ。カカオ70%のチョコレートをスモークさせ、中央に包んだラズベリーコンポートとの調和によって濃厚な味わいに仕上げられた。イートインのみでの提供で、ゲストの目の前でスモークを使用した演出を楽しむことができる。

『チョコレート・ロッシェ』料金:2,600円

フランス語で“岩”を意味する「ロッシェ」は、通常一口サイズで提供される、フランスで定番のボンボンショコラ。ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリでは、砕いたアーモンド入りのチョコレートでコーティングし、ご家族やご友人とシェアしてお楽しみいただけるサイズで用意。ブラック、ミルク、ホワイトに次ぐ世界初のブロンドチョコレート“ドゥルセ”のガナッシュで、塩味をきかせたヘーゼルナッツプラリネとキャラメルを包み、アーモンドサブレとレモンコンフィでサンドしている。


『タブレット・ブラックセサミ・ヘーゼルナッツ』料金:2,200円

真っ赤なビジュアルのタブレットには、ヘーゼルナッツや黒ゴマなどを使用して甘さ控えめにし、仕事中やお酒とともに楽しんでいただけるよう、大人の味わいに仕上げた。


ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ 店舗情報
【場所】ザ・リッツ・カールトン東京 1F(東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン)
【営業時間】平日8:00~21:00/土・日・祝日 10:00~21:00
(イートインラストオーダー フード20:00/ドリンク21:00)
【予約・問い合わせ】レストラン予約03-6434-8711 (10:00~21:00)

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事