最もパワフルなハイブリッドランボルギーニが登場│「閃光」を意味するハイパーカー

Lamborghini

これまでのランボルギーニで最もパワフルな1台が登場した。「閃光」を意味する"シアン"と名付けられた1台は、6.5リッター V12エンジンと34hpのパワーを持つ48ボルトシステムを搭載しているハイブリッドカーである。

シアンの特徴のひとつとして、他のハイブリッドカーとは異なりリチウムバッテリーではなくスーパーキャパシタを採用している点があげられる。スーパーキャパシタはバッテリーよりも3倍の容量を持ちながら、34kgという軽量なもので、レスポンスも向上させる。785hpを発揮するエンジンと、モーターが合わせられることによって819hpがシアンの最高馬力となる。モーターのパワーだけで、駐車などのことは行えるとのこと。



エクステリアデザインは、これから未来のランボルギーニを思わせるスタイリングに。近未来的でありながらも、カウンタックや過去のワンオフモデルからインスピレーションを受けたクラシカルな要素も取り入れられている。印象的なゴールドのロゴはこれまで用いられることのなかったものだ。インテリアにおいても、新たなシート形状や、アルカンターラとレザーを複雑に組み込んだ素材が採用されている。



ランボルギーニ CEO ステファノ・ドメニカリは、シアンを未来へ進む最初のステップだと捉えており、「シアンはハイパーカーにおけるデザイン、エンジニアリングの新たな世界、ランボルギーニの可能性を象徴しています。これから次世代に向けて、わたしたちがつくりあげるV12エンジンの手本となります」とコメント。

63台限定生産となり、それぞれがオーナーの要望に沿ってランボルギーニのパーソナライゼーション部門「アドペルソナム」によってカスタムされるとのこと。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事