最高峰の写真画質を誇るコンパクトなHasselblad Xシリーズの次世代機登場

ハッセルブラッドのミラーレス中判デジタルカメラHasselblad Xシリーズの最新作「Hasselblad X1D II 50C」が発売された。前モデルより、改善された電気設計によって迅速で直感的な操作性を実現している。

また、最も軽量なデジタル中判カメラであるX1D-50cの特徴を引き継ぎ、Hasselblad X1D II 50Cはカメラ本体の重量を約650gまで抑えた。高解像度の5000万画素CMOSセンサー(43.8 x 32.9mm)は35 mmフルサイズセンサーの1.7倍の面積を誇り、大きな画素サイズ(5.3 x 5.3μm)により優れた色調を実現する。優れた16bitの色深度と14ストップのダイナミックレンジにより、シャドウとハイライトの双方でディテールを表現でき、編集時に余裕をもって調整できる。

X1D II 50C 主な改善点:
・背面ディスプレイは高解像度の3.6インチ236万ピクセルのタッチディスプレイになり、前モデルから156%向上し、現在のデジタル中判カメラとしては最大の液晶ディスプレイとなる。
・有機EL電子ビューファインダー(EVF)が高解像度の369万ピクセルと高倍率の0.87倍に向上し、より視認性が向上。
・ライブビューは、より速いフレームレートと、短いシャッタータイムラグ、フレーム間のブラックアウト時間の短縮、連写速度の向上を実現、さらに起動時間が前モデルからほぼ半分に短縮されている。

参考価格:65万円(税別)

Hasselblad X1D II 50Cについて
https://www.hasselblad.com/ja-jp/x1d/
Hasselblad X1D II 50C、XCD 3,5/45レンズキットのご案内
https://www.hasselblad.com/ja-jp/news/hasselblad-x1d-ii-50c-lenskit/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事