日本独自のシトロエン100周年イベント開催!最終日にはヒストリックモデルのパレードも

Peugeot Citroen  ※画像はイメージ

創立100年を迎えたフランス生まれのシトロエン。その革新的なデザインや技術で日本でも長きにわたり愛されてきた。しかし、中でもアイコニックなモデルとなる、2CVやDS、SM、GSなどのヒストリックモデルを普段の生活の中で見られる機会はあまりない。

シトロエンが現代に至るまで築いてきた歴史を直接見て、実感できるように、プジョー・シトロエン・ジャポンは、9月17日(火)から23日(月・祝)まで、日本独自のシトロエン創業100周年記念イベント「シトロエン・センテナリー・ ギャザリング」を東京・赤坂のアークヒルズ アーク・カラヤン広場にて行う。



1919年にアンドレ・シトロエンが自動車を作りはじめて以来、その一世紀の歴史は、人々の”移動の自由”と”自由な移動”を支え、それをコンフォート(快適)なものとするための創造と 探求の積み重ねであった。



このイベントは、そんなシトロエンの通奏低音として流れている魅力をあますところなく感じていただける。シトロエンファンはもちろんのこと、広く車が好きな方や家族連れでも楽しめる空間となっている。


イベントは、歴代モデルの展示、コラボレーションカフェ、オフィシャルグッズ販売、映画上映、最新モデルの試乗、最終日23日の都内パ レードラン(9時30分~10時30分)など盛りだくさんの内容だ。

•シトロエンヒストリックモデル14台の展示
国内シトロエンオーナーの協力で、シトロエン100年の歴史を彩った歴代モデルを14台(下記5HPを含む)、カラヤン広場に展示。
展示モデルはトラクシオンアヴァン(1951年式)、2CV AZ(1955年式)2CV 6スペシアル(1990年式)、DS 21パラス(1968 年式)、AMI 8(1978年式)、SM(1975年式)、GS ビロトール(1974年式)、CX 25GTI (1987年式)、BX 16TRS(1986年式)、XM エクスクルーシブ(1998年式)、エグザンティア SX(1997年式)、タイプH(年式不明)、C6(2008年式)、C4カクタス(2017年式)など。 (※諸事情により変更の可能性もあります。また下記写真は実際の展示車輌とは異なります)

トラクシオンアヴァン


DS 21 パラス



・バーンファインド5HPの展示



数奇な運命を経て日本国内で発見された1923年製(シトロエン本社によれば1925年製の可能 性あり)と伝えられるシトロエン5HP(タイプC)。戦後すぐにフランス人宣教師に布教活動の移動手段として日本に持ち込まれたもの。宣教師が北海道に渡ることとなり、日本人に譲渡、その後、不動となり状態が悪化してしまったものを次のオーナーが1989年~1990 年ごろに独自にレストアし自走できるようにまでなった。しかし、オーナーの逝去により再び不動車となり15年ほど放置されていたという。プジョー・シトロエン・ジャポンはオーナーの奥様からこちらを譲り受けて保管している。当時、5HPの資料はほとんどなく、レストアの参考としたのは過去の日本の自動車雑誌に掲載された同型モデルの記事と複数のモノクロ写真だけだったという。そのため、厳密に言えばこの個体は、フェンダーの形状、インストルメントパネルの素材などオリジナルとは明らかに異なる部分が散見されるが、その違いこそがシトロエンと日本の歴史における一部であり、貴重な日本の自動車文化遺産のひとつであるとプジョー・シトロエン・ジャポンは考えた。そのため、車両はそのままの状態で展示される。


イベント内容について
•シトロエン100周年オフィシャルグッズの販売
シトロエン100周年記念オフィシャルグッズ、その他シトロエンオフィシャルグッズをフランス より輸入販売。CITROËN Originsのロゴなどが入ったグッズのなかには、シトロエンディーラーでは手に入らないレアアイテムも。

•シトロエン100周年記念限定車の展示と現行モデルの試乗
シトロエン100周年記念モデルの「C3オリジンズ」「グランドC4スペースツアラーオリジン ズ」を含めた現行モデルを展示。また会場を起点に現行モデル(C3 セントジェーム ス、C3 エアクロス SUV、C5 エアクロス SUVの3台)の試乗も楽しむことができる。試乗は 21日(土)、22日(日)、23日(月・祝)の祝休日の3日間限定で、10時~17時。試乗申し込みは当日の9時30分~16時まで、試乗時間は15分程度。



•シトロエンコラボレーションカフェ
アークヒルズカフェにてイベント開催期間中、シトロエンコラボレーションカフェを実施いたします。ハンバーガーやデザートなど、この時だけのオリジナルメニューの提供やシトロエン 100周年記念のオリジナルデザインのランチョンマット、コースターを用意。


•ヒストリカルグッズ展示
アークヒルズカフェに戦前のシトロエンの広告ポスターや歴史的な看板、カタログなど資料的 価値の高いシトロエングッズを展示。


•シトロエン出演映画上映会
シトロエンはその個性からさまざまな映画に使われてきた。その中から名画と呼ばれるもの、シトロエンが重要な役割を果たすものをセレクトし、イベント期間中会場のモニター で18時~20時に上映する。上映タイトルは17日(火)『ベンジャミンバトン 数奇な人生』(上映時間:165分 17:30~20:15)、18日(水)『ガダカ』(上映時間:106分 18:00~19:45)、19日(木)『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』(上映時間:107分 18:00~19:45)、20日 (金)『ジャッカルの日』(上映時間:145分 17:30~20:00)を予定。

「ヒルズマルシェ」、「赤坂蚤の市 in ARK HILLS」の協賛
2009年9月より毎週土曜日にアーク・カラヤン広場で開催されている老舗マルシェの「ヒルズ マルシェ」とヨーロッパの蚤の市のような雰囲気で都内随一ともいわれる「赤坂蚤の市 in ARK HILLS」がそれぞれ21日(土)、22日(日)に開催される。赤坂アークヒルズと周辺エリアのカルチャーを形作ってきたこれらイベントをシトロエンがサポートし、さらに特別なものとしてともに盛り上げていく。

•ヒストリックシトロエンパレードラン

※画像はイメージ

最終日の23日(月・祝)にヒストリックシトロエン約30台(アークヒルズ展示車輌を含む) が都内でパレードランを実施する。代官山 蔦屋書店の恒例イベント「モーニングクルーズ」の特別版「モーニングクルーズスペシャル~シトロエン~」が7時30分から、アークヒルズに向けたパレードランは9時30分にスタート。パレードランは代官山 蔦屋書店駐車場をスタートし、山手通り~代々木公園明治通り~原宿~表参道~青山通り~内堀通り~銀座中央通り~新 橋~環二通り~外堀通り~溜池~六本木通り~というルートをたどり、ゴール地点である赤坂のアークヒルズ アーク・カラヤン広場(10時30分着予定)を目指す。貴重で個性溢れる歴代シトロエンが並んで走る光景を目の当たりにできる、またとない機会だろう。(※パレードランの車輌当日参加は不可)


車好きの人でなくとも、シトロエンの個性溢れる世界に魅了されること間違いないだろう。1週間を通して開催されているため、日中でも、夕暮れ時でも、ぜひ何度か足を運んでいただきたい。


開催期間: 9月17日(火)~23日(月・祝)10:00~20:00
※グッズ販売と試乗は17:00まで
「モーニングクルーズスペシャル~シトロエン~」 7月23日(月・祝)7:30~
パレードラン  9月23日(月・祝)9:30~10:30
イベントメイン会場:アークヒルズ アーク・カラヤン広場 東京都港区赤坂1-12-32                       
パレードランスタート会場:代官山 蔦屋書店駐車場 東京都渋谷区猿楽町17-5
事務局連絡先:03-5790-9035(株式会社SHIRO内)
イベントURL:www.citroen.jp/centenary_gathering/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事