クラシックフェラーリの祭典│カヴァルケード・クラシケ第三弾開催

Ferrari

第三弾目のカヴァルケード・クラシケとして、80台以上のクラシックフェラーリが9月20日から22日にかけてイタリアの街をツーリングする。

このイベントでは、世界中からクラシックフェラーリのオーナーが集まり、フェラーリの血が根付くイタリアの美しい街を走り抜ける。ローマ市の協力も得ながら開催され、これまでには車イベントで通過されることのなかった道なども今回は含まれるとのこと。ローマで築かれてきた歴史へのオマージュとして、ティブルティーナやアッピアなども通ってゆく。

金曜日には、山道も含まれる。2日目は、トーディとビテルボのヒストリーとアートにテーマが置かれ、アヴィニョン教皇庁を眺めながらのランチタイムが用意される。日曜日はローマの街を走り抜け、観光に来ている人々にとってもクラシックフェラーリが並んで走っていく光景を見ることができるのという、素晴らしい機会となるであろう。

参加するモデルについては、1954年 750モンツァや、1957年 500TRC、1964年 275GTBなど。価値あるクラシック・フェラーリの中でも、厳選された美しい車両が揃う貴重なイベントだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事