第三回目のクラシックフェラーリの祭典が終了│写真で美しい光景を見る

Ferrari

80台以上のフェラーリがローマの街へツーリングし、第三回目のカヴァルケード・クラシケが行われた。クラシックフェラーリを愛するオーナーたちが世界中から集まり、イタリアの美しい風景の中で走行できるイベントである。

9月20日から22日にかけて開催され、ヨーロッパからアメリカ、ニュージーランドやオーストラリアなどの国からオーナーたちが愛車と共にイタリアを訪れた。今年、新しく設定されたルートは、はじめて車の通行が許可される道なども含まれ、参加者にとってはより魅力的なイベントとなったであろう。ローマに到着したのは最終日で、フラスカーティやカステル・ガンドルフォなどその土地の美しさを代表するような場所もルートのひとつになった。



参加者からも注目を集めたクラシック・フェラーリは1954年 750モンツァや1957年 500TRC。どの写真を見ても、フェラーリの美しいデザインと、イタリアの風景は素晴らしくマッチングしているものだ。その風景を楽しんでいただきたい。








オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事