アストンマーティン初のSUV DBXが開発の最終段階に到達

Aston Martin

アストンマーティン初のSUVであるDBXの発表が間近に迫っている中、アストンマーティン史上もっとも包括的なテストプログラムの最終段階を迎えている。そして、輝かしい歴史の中でもっとも多用途なモデルの心臓部に収まるエンジンの詳細が発表された。

現実世界における試験走行と、サーキットにおけるハイパフォーマンス評価を組み合わせたテストプログラムは、シルバーストーン(英国)およびニュルブルクリンク(ドイツ)のエンジニアリング・センターを拠点として、世界各地で実施されている。チーフエンジニアのマット・ベッカー率いるチームは、DBXに求められる幅広いパフォーマンス要件に応えるべく、開発テストに取り組んでいる。

極めて過酷なサーキットとして知られるニュルブルクリンクで行われている耐久テストでは、アストンマーティンの現行ラインナップの中でもっともスポーツ性が高いヴァンテージと同等のコーナリングスピードを記録している。

その一方で、ブレーキ性能は、アストンマーティンが誇るスーパーGTカー DBS スーパーレッジェーラさえ上回っている。圧倒的な2つのパフォーマンスが組み合わせられ、アストンマーティンのエンジニアリング・チームがニュルブルクリンクのノルドシュライフェ(北コース)で繰り返し実施している走行テストにおいて、8分を切る驚異的なタイムを何度も記録している。


DBXには、4.0リッターV8 ツインターボ・エンジンが搭載される。このパワーユニットは、現代的なGTカーの爽快なパフォーマンスを実現するようにチューニングが施されている。このV8エンジンはヴァンテージやDB11にも搭載されており、DBX用にさらに性能が引き上げられた。その最高出力は550PS、最大トルクは700Nmにも達している。ハイスピードテストでは、DBXの最高速度が180mph(約290km/h)を上回る。しかし、最終的な最高速度と加速性能は、テストプログラムの最終段階で改めて設定される予定。

アストンマーティンならではの重厚なサウンドを実現するため、DBXのエキゾースト・システムは、中音域を高めながらも深みのある低音に焦点を当て、とくにスポーティな走行時には胸のすくようなサウンドを奏でるように調整されている。


DBXのテストプログラムは、順調に進行中とのこと。チーフエンジニアのマット・ベッカーは、次のようにコメント。
「SUVオーナーが期待する日常の使い勝手と洗練された走行性能を実現することを念頭に置いて、4.0リッターV8 ツインターボ・エンジンの較正とチューニングを実施しています。同時に、アストンマーティン・ブランドの伝統となっている、クルマとドライバーが一体となったドライビング・ダイナミクスにも注力しています。DBXの総合的なパフォーマンスは、すでに非常に高いレベルに到達しています。今後数ヶ月は、DBXにとっても、私たちにとっても、重要な時期になるでしょう。パワートレーンにさらに磨きをかけるとともに、ダイナミック・パフォーマンスのセットアップを煮詰めることによって、DBXは市場でもっともエキサイティングなSUVモデルに仕上がるでしょう」

DBXは、今年12月に発表される予定となっている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事