ボルボ初のピュアエレクトリックカーはどのような設計に?

Volvo

来月発表予定の完全電気自動車であるボルボ XC40 SUVは、ボルボ・カーズにとって初のピュアエレクトリックカーとなる。このモデルはボルボにとって全く新たなチャレンジとなり、内燃機関を搭載しない自動車というだけでなく、ボルボの伝統に則った最も安全な自動車の一台となる。

「自動車を駆動する装置が電気モーターであろうと内燃機関(エンジン)であろうと、ボルボの自動車は安全でなければなりません。完全電動化されたXC40は、これまでに私たちが製造した中で最も安全な自動車の一台となります」と、ボルボ・カーズの安全担当責任者マリン・エークホルムは述べた。

この1台では、エンジンを搭載しない状態でも他のボルボと同じように乗員の安全を確保するため、フロント部分の構造を完全に再設計し強化されている。

「安全性に関する基本的な考え方は、この車も他のボルボ車も同じです。車内には乗員がいるので、車が乗員にとって安全であるよう設計する必要があります」とマリン・エークホルムはコメント。

万一の衝突の際には、乗員の安全を確保し、バッテリーの損傷を防ぐ必要がある。そのためにボルボ・カーズはXC40の乗員とバッテリーの両方を守るべく、新たに独自の安全構造を開発した。バッテリーは押し出し加工されたアルミニウム製フレームで構成されるセーフティケージで保護され、ボディ構造の中央部に埋め込むことによって、バッテリー周囲のクランプルゾーン(衝撃吸収帯)として形成している。

自動車のフロア下にバッテリーを搭載すると重心が下がり、横転しにくくなるという利点もあるのがポイントだ。一方、フロント部分だけでなくリヤのボディ構造も強化されます。電動パワートレインが車体構造に統合することによって、衝突の衝撃をできるだけ分散させてキャビンから遠ざけ、車内の乗員への万一の衝撃を軽減する効果も。

バッテリー駆動式のXC40は、アクティブセーフティシステムに関する新技術も導入している。XC40には、ボルボ車として初めて、ボルボ・カーズとVeoneer社が所有する合弁会社のZenuityが開発したソフトウェアと、新しいアドバンスド・ドライバー・アシスタンス・システム(ADAS)センサープラットフォームを採用している。

この新しいADASプラットフォームは、複数のレーダー、カメラ、超音波センサーで構成される最新の拡張可能なアクティブセーフティシステムだ。その拡張性によってさらなる技術開発も容易となり、将来の自動運転技術の導入に関する基礎を築くことにもつながる。

今後数週間のうちに完全電動化されたXC40の詳細が明らかにされていき、10月16日(現地時間)に初公開を予定している。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事