マセラティが新たなイノベーションプラン発表│全モデルを電動化?

Maserati

マセラティは生産、電動化、自動運転技術について、モデナ、カッシーノ、トリノ(ミラフィオリおよびグルリアスコ)の生産拠点において新しい電動化モデルの生産を予定していると発表した。

ハイブリッドとバッテリー電動技術を搭載したマセラティのニューモデルは、これまでと同様に全てイタリアで生産され、イノベーションとマセラティブランドのDNAであるスポーツカーとしてのパフォーマンスを両立するものに。

マセラティの全ての電動化モデルは、105年に渡るブランドの歴史の中で評価されてきたマセラティならではのドライビングを、次世代のバッテリー電動技術、ユニークな走行モード、バッテリーでのより長い走行距離、超高速充電機能とともに実現。そして、自動運転がマセラティのイノベーションにおいて重要な役割を果たす。

現行モデルのアップデートを含む全ての新しいマセラティは自動運転技術を備え、ハイウェイアシスト機能を持つ現在のレベル2から、完全な自動運転に近づくハンズ・オフ・アシスト機能付のレベル3へと進化するとのこと。これにより、安全かつ正確な車線変更が可能となり、ドライバーが車両を制御できない状態においては車両を路肩へ移動させ安全に停止させることもできるようになる。

この電動化へのプロセスは2020年に開始され、トリノで生産されるマセラティ ギブリがブランド初のハイブリッドモデルとして登場する。今秋より電動化モデルの生産にむけて改修が行われるモデナ工場において、2020年以降生産を開始予定。

次に登場するのは、新しいマセラティのSUV。カッシーノに建設される革新的技術を有する新たな工場で生産されるこの車両は、ブランドをさらに成長させる重要な役割を担うものと期待されている。約8億ユーロを投じて新しい生産ラインが割り当てられ、2020年の第1四半期末にはオープン、最初のプレシリーズ車は2021年までにラインオフする予定だ。

2007年のデビュー以来、マセラティブランドを代表するモデルとして成功を収めたグラントゥーリズモならびにグランカブリオもまた電動化されるが、今後もブランドの重要なポジションを担っていく存在に。まったく新しいグラントゥーリズモとグランカブリオはFCAが8億ユーロを投資しているトリノの生産拠点で生産される予定。

これら新しいモデルの登場は、レヴァンテ、クアトロポルテ、ギブリといった現行ラインアップを補完し名門としてのマセラティブランドを更に確固たるものとする。様々な製品イノベーションの導入によって、マセラティは生産拠点としてのイタリアの重要性を更に強め、特にモデナについては引き続きマセラティブランドの本拠地として戦略的な役割を行っていく。

モデナでは新たに、革新的で環境負荷の小さい塗装工場の建設が開始されている。ここでは、顧客が自身のオーダーした車が塗装される様子を見学することも可能となるそうだ。

それだけではなく、自分自身の個性を十分に反映したエクスクルーシヴなモデルを求める顧客のために、全く新しいカスタマイズ・プログラムも開発され、モデナ工場内には専用のカスタマイズ・ワークショップが設けられるとのこと。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事