高い収納性と機能性を備えたBMW 3シリーズ ツーリング登場

BMW

2019年1月に発表された新型BMW 3シリーズのツーリング・モデルとして、高い収納性と機能性を備えた新型BMW 3シリーズ ツーリングが発表された。

新型BMW 3シリーズ ツーリングは、余裕のあるラゲッジ・スペースにより、多様なニーズに応えると同時に、家族と長距離移動をする場合でも快適なドライブを提供し、アクティブなライフスタイルを持つ顧客に向けたモデルとなっている。セダンと同様に最新のBMWデザイン・コンセプトを採用し、象徴的なキドニー・グリルを従来の2つのパーツに分かれたデザインから、1つのフレームで縁取られたより立体的な造形とし、ツーリング・モデルならではのショルダー・ラインは、流れる風を彷彿とさせる美しいデザインを採用することで、より洗練されたスタイルとなっている。



内装には、10.25 インチのコントロール・ディスプレイと、12.3 インチのフル・デジタル・メーター・パネルを搭載する新世代のコックピット・コンセプトを採用することで、機能的かつ先進的な室内空間を実現している。後部のラゲッジ・スペースは、先代モデルから5L増加し、500Lまでに。



そして、ラゲッジのドア上部のガラス部分だけを開閉することが可能な独立開閉リヤ・ウィンドウや、両手が塞がっている場合でも足の操作のみでラゲッジのドアの開閉が可能となったオートマチック・テールゲート・オペレーションを標準装備することで、高い収納性と機能性を備えている。

さらに、BMW として初採用となるアンチ・スリップ・システムをラゲッジ・スペースにオプションで装備可能。このアンチ・スリップ・システムは、車両が走行を開始すると、床面からゴム製の滑り止めが自動でせり上がり、ラゲッジ・スペース内の荷物の横滑りを防止する機能であり、走行中、荷室内の荷物を安定させることが可能となる。

さらに、新型BMW 3シリーズにおいて日本で初めて採用した「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を、新型BMW 3 シリーズ ツーリングにおいても標準装備している。

BMW インテリジェント・パーソナル・アシスタントは、AI技術を活用することで、音声で車両の操作、情報へのアクセスが可能となるBMW 最新の機能である。今までの音声入力と異なり、より自然な会話で、ドライバーの指示や質問を理解し、適切な機能やサービスを起動可能にする他、使用頻度に応じてドライバーの好みを学習し、長く乗り続けるほどドライブにおける真のパートナーとしての役割を担うことが可能となる。



そして、BMW のインテリジェント・パーソナル・アシスタントの最たる特徴は、ドライバーがシステムの「名前」を自由に付けることが可能な点である。例えば、BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントを起動する際、「OK, BMW(オーケー・ビー・エム・ダブリュー)」だけでなく、「(例)3 シリーズ」と、呼びかける言葉を任意に設定することが可能なため、より身近な存在としてストレス無く使用することが出来る。

11月以降に順次納車予定。

BMW 320i SE Touring(受注生産) 494万円
BMW 320i Touring 567万円
BMW 320i Touring M Sport 619万円
BMW 320d xDrive Touring 614万円
BMW 320d xDrive Touring M Sport 666万6000円
BMW 330i Touring M Sport 669万円
BMW M340i xDrive Touring 1005万円
消費税10%込み

オクタン日本版編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事