合言葉は「楽しい」ラリー。クラシックカーが初秋の三浦半島を駆け抜ける!

Octane Japan

大人が皆、これほどまでに口を揃えて「楽しい」と言う場があるだろうか。今回オクタン日本版編集部が取材をしたクラシックカーラリー「Classic Japan Rally R134」では、どの参加者に聞いても出てくる言葉は同じ。とにかく「楽しい」という言葉があふれている。




初秋の三浦半島を舞台に、横須賀から逗子、葉山の国道134号線を巡るこのラリーは今年で3回目を迎えた。65台のクラシックカーの姿を見るために沿道にはギャラリーが大勢詰めかけ、小旗を振って応援してくれる。主催者の岡野さんに話を伺うと、毎年開催時期が異なるにもかかわらず、「次はいつ?」と、このラリーの観戦を楽しみにしている地元住民が多いのだそうだ。地元の人々だけではなく、スタート・ゴール地点の三笠公園、スタンプポイントのソレイユの丘や葉山マリーナでは観光客を含めた子ども連れも興味津々に車を眺め、応援している姿が印象的だった。


子どもたちが小旗を持って応援に駆け付ける。なんとも微笑ましい光景だ。

愛犬も一緒にファミリーで参加する人も。笑顔がまぶしい。

地元の協力を得ながらクラシックカーを通じて地域振興を図っていることもあって、ラリー参加者たちが地域の名所や名産品を楽しめるのもラリーの魅力のひとつ。三笠公園では記念艦「三笠」の艦内見学をし、ソレイユの丘では特産品の柑橘類である湘南ゴールドのソフトクリームの提供や地元のしらすの特売が行われる。昼食会場の電力中央研究所では、その歴史をDVDで学び、葉山マリーナでは葉山名物のプリンとコロッケを味わう。風光明媚な海岸沿いを走りながら、地域の歴史や名物を知ることができるなんて、まるで大人の社会科見学とでもいうべきか。





いや、社会科見学ではなく修学旅行とでもいうべきかもしれない。というのは、このClassic Japan Rally R134は一泊2日のプログラムが用意されており、本番前日の1日目はトレーニングランとしてビギナー参加者でもそのルールを学びながら走ることができる。夜にはウェルカムパーティーが行われ、その後はドブ板通りでのちょい呑みツアーも企画される。「岡野さんのラリーは飲み会が楽しいんだよね」というコメントも聞かれるほど、夜の部も参加者には好評なのだそう。泊りがけでのお楽しみ、話を聞いているだけでもなんだかワクワクしてしまうではないか。


誤解がないよう申し添えておくが、もちろん呑むだけがこのラリーの楽しみではない。Classic Japan Rallyの特徴のひとつは「競技派」であること。ラリーには「PC競技」というものがあり、「○メートル区間を○秒で走る」ことの正確さを競う。そのPC競技は1000分の1秒単位で計測されるのだが、なんと15区間連続しての計測が二度も行われるのだ。夫婦で、カップルで、友人同士で、ドライバーとコドライバーの息を合わせて1000分の1秒単位の競技に挑む。その得点が最終順位に反映されるとあって、PC競技では参加者は真剣そのもの。真剣だからこそ楽しいし、悔しさもあり、その悔しさが「次回こそ!」という気概にも繋がっていく。





入賞者には多数の賞品が協賛各社から用意されているが、なかでも今回注目を集めたのはセイコーのスポーツウォッチ「プロスペックス」。これは、参加者のひとりである工業デザイナー奥山清行氏が開発アドバイザーとして関与しているものでもあり、総合7位(Classic Japan Rallyが7回目の開催を迎えたことに因む)と1位のペアに授与された。

奥山氏の駆る1959年オースティン・ヒーレー・スプライトは区間賞を獲得した。

総合優勝は1928年インヴィクタ4 1/4リッターで参加した竹元さんペア。「岡野さんのイベントは賞品もたくさんあるし(笑)、とても楽しくて応援したくなります。この車を走らせる機会があってよかった。車にも女房にも感謝!」と笑顔で語る竹元さんは常勝の貫禄ぶりを見せつける圧巻の優勝だった。70ポイント差という僅差で2位となった山崎さんペアは「とても楽しかったです。2位はうれしいですが、いつかはもうひとつ上の順位を!」とコメント。

総合優勝のカーナンバー1、インヴィクタ4 1/4リッターは強烈な存在感を放つ。

どの参加者からも「楽しい」という言葉がこぼれる。大人が真剣に遊び、学び、練習し、悔しがり、楽しむ。そんなClassic Japan Rallyの次の舞台は長崎・平戸。2019年11月28日から12月1日の4日間にわたり開催される。福岡県・長崎県・佐賀県・山口県を結ぶルートで、壮大な自然や地域の文化を魅せてくれることだろう。

今回の編集部の取材の相棒はシトロエンC5エアクロス。乗り心地は極めてコンフォートで、パッケージングも秀逸だ。


ポルシェジャパン株式会社が協賛し、ラリー全体をバックアップ。先導車などオフィシャルカーの提供も。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事