ポルシェの正規ディーラーで初めてのオークションを実施

Octane Japan

2019年9月28日(土)29(日)の2日間、二子玉川ライズの中央広場にて開催された”二子玉川中古車フェア”内メインコンテンツとしてポルシェセンター青山 世田谷認定中古車センタ ーは、ポルシェの正規ディーラー初となるオークション「THE CLASSIC AUCTION」を開催した。ポルシェのクラシックパートナーとして、クラシック車両を長く扱っている正規ディーラーが主催して行うオークションは初めての試みである。





ポルシェの正規ディーラーという窓口から購入できるのは安心感があり、オークションという文化が浸透していない日本ではビギナーにも参加しやすくありがたい。出品されたのは356から993までの空冷ポルシェ6台。このうちLOT No,2の964 Carrera 4 Cabriolet 1991が960万円、LOT No,5 356B Coupe 1600 Super 1961が810万円で落札された。



他、エントリー車両については下記をご確認いただきたい。

【1】993 Carrera Coupe 1994
【2】964 Carrera 4 Cabriolet 1991 (SOLD)
【3】911T 2.0 "SWB" 1968
【4】911E 2.4 1973
【5】356B Coupe 1600 Super 1961 (SOLD)
【6】356C SC 1963
※車両詳細についてはオークション公式サイトよりご確認ください。



なお、今回落札されなかった残りの4台についてはポルシェセンター青山 世田谷認定中古車センタ ーにて引き続き問い合わせることが可能だという。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事