2019年度グッドデザイン賞を受賞したタイヤは?

横浜ゴムのグランドツーリングタイヤ「BluEarth-GT AE51」、ハイパフォーマンス・クロスオーバーSUV向けタイヤ「GEOLANDAR X-CV」、舗装路・非舗装路用ダンプトラック向けラグタイヤ「302C」が10月2日、2019年度グッドデザイン賞を受賞した。

「BluEarth-GT AE51」は走行性能、快適性能、環境性能などトータルパフォーマンスに優れ、力強い走行性能を追求しながら、高いウェットグリップ性能と低燃費性能を両立しているモデル。「GEOLANDAR X-CV」は安全性、快適性、経済性を備えながら、急な降雪にも対応する「M+S」規格を獲得している。さらに全サイズで最高速度270km/hに対応するスピードレンジ「W」を実現。両商品ともに、優れた性能と高いデザイン性を兼ね備えている点が評価された。「302C」は耐カット・チッピング性能、ウェット性能を向上するとともに、低燃費性能、耐久性を確保するなど地球環境にも配慮した点が高い評価を得ている。

横浜ゴムは、中期経営計画「グランドデザイン2020(GD2020)」のタイヤ消費財事業においてプレミアムタイヤ市場における存在感の更なる向上を掲げるとともに、タイヤ生産財事業を次の100年の収益の柱とすることを目指している。そのため、独自路線を強めた高性能かつデザイン性の高い商品を積極的に投入しており、昨年もプレミアムコンフォートタイヤ「ADVAN dB V552」、ヒストリックカー向けタイヤ「ADVAN HF Type D」、SUV・ピックアップトラック向けマッドテレーンタイヤ「GEOLANDAR X-MT」の3商品がグッドデザイン賞を受賞した。

「グッドデザイン賞」は公益財団法人日本デザイン振興会が主催する総合的なデザイン推奨制度で、国内外の多くの企業や団体が参加している。グッドデザイン賞受賞作品には優れたデザイン性を象徴する「Gマーク」の使用が認められる。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事