想像の先を行くフェラーリ|SF90ストラダーレ日本初上陸

Octane Japan

ハイブリッドで4WDシステムを搭載したフェラーリ。もちろん賛否両論あろうかと思うが、「BEYOND IMAGINATION」を掲げて披露されたフェラーリの最新モデルであるSF90ストラダーレは、想像の先を行くモデルとして、未来を見据え正当に進化したものといえるのではないだろうか。名前の「S」はScuderia、「F」はFerrari、「90」は90周年、そして「Stradale」は「道、公道」を意味する。フェラーリのDNAの核であるレース活動に因んだ名を量産モデルに冠するということは、それだけフェラーリにとってこのモデルは重要なものだということに他ならない。

車両についてスピーチをするフェラーリ極東・中東エリア統括CEOディーター・クネヒテル氏。

V8、排気量は3990cc。最高出力は780cv/7500rpm、最大トルクは800Nm/6000rpmを発揮。残る220cvは3基の電気モーターにより供給される。

フェラーリ初の量産型PHEVであり、公道仕様フェラーリとして、1000cv(ICE:780cv+電気:220cv)という出力の新記録を樹立。さらには0-100km/h加速2.5秒、および0-200km/h加速6.7秒の新記録も樹立している。

写真では少し見づらいかもしれないが、テールランプはやや四角い4灯。

リアの左側に給電口、右側に給油口が左右対称で配置されている。

プラグイン・ハイブリッドの象徴ともいえる給電口。

右リアにある給油口。

給電口や給油口は運転席側のドア内側にあるこのスイッチで開ける。

さらにはe-4WDによるフル電動走行、新デュアルクラッチ8段ギアシフト、マルチマティリアル・シャシー、新世代HMIなど、このモデルではさまざまな革新が行われ、その「革新」の数はフェラーリ史上最高となる45にのぼるという。

16インチ・フルデジタル&曲面クラスターを装備。

生粋のフェラリスタが求めるものは「パフォーマンス」と「美」、そして「最高」を求めると定義した場合、「フェラーリらしさ」とはエンジンや駆動方式の類ではないのかもしれない。常に先を見据え、F1技術の粋をフィードバックし、革新を恐れずに常に最高を求め続ける姿勢そのものが「フェラーリらしさ」なのではないかとこのモデルを見て感じた。

発表会の場でフェラーリ関係者に伺った言葉もそれを象徴していた。「古いものが輝くのは、最新で最高のものがあるからこそ。フェラーリはクラシケというサービスでクラシックも大切にしながら、最新の技術を投入したモデルも出しています。その両方があってこそフェラーリは輝くのだと思います」

このカラーリングは往年のレーシングカーにインスパイアされたものだ。

フェラーリSF90ストラダーレの発表会で何度も聞かれた「BEYOND」という単語に込められたメッセージは多岐にわたる。「スーパーカーを超えて」「パフォーマンスを超えて」「テクノロジーを超えて」「史上最高のV8を超えて」など、プレゼンテーションの場でも何度も繰り返し使われた「超えて(BEYONDの訳)」という言葉だが、これは単に「超える」だけではなく「それを超えた先にあるもの」を指しているのだろう。

「それを超えた先」には何があるのか。フェラーリはこの先もどんな革新を続けていくのか。ニューモデルが出たばかりではあるが、これからのフェラーリの車づくりがますます楽しみだ。

会場入口に置かれたフェラーリF1マシン、SF90のアマルガム社製モデルカー。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事